« DarkDungeons 148 | トップページ | DarkDungeons 150 »

DarkDungeons 149

その代わり、ゲームマスターは、パーティがどの方向を向いているかを確認するために再度ロールする必要があります(ゲームマスタが、キャラクターが失われたかどうかがわからなくても、ゲームマスターが常にこのロールを作成する方が良い場合があります)。
2番目のロールが1-3の場合、パーティは意図した方向の左側に誤って60°(ヘクスマップを使用している場合は1ヘクス)を移動します。 2番目のロールが4-6の場合、パーティは意図した方向の右側に誤って60°(六角形のマップを使用している場合は1つの六角形)を移動します。
プレイヤーは自分たちのキャラクターが失われたことを知らされるべきではなく、ゲームマスターは、そのキャラクターが実際に行くと思っているような方向性を説明するために最善を尽くすべきです。
一度失われると、グループのリーダーは毎日のようにナビゲートチェックを行います。
もし彼らがチェックに失敗したら、彼らは間違いなく前の日を旅行する道を移動し続けるだろう(そして、ゲームマスタは、それがさらに進むかどうかを確認するために、ゲームマスタはもう一度ロールする必要がある)。
パーティの指導者が日々の行動チェックに成功すると、彼らは間違った方向(そして実際に移動中の方向)に移動していることを認識し、目的地がどこにあるのかを探索するだけではなく、特定の場所へ移動しようとしているのではないかと考えている。
例:アロイシウスはラクダによって砂漠を旅している。 彼は9人の英知を持っており、ナビゲートスキルを持っていない。
残念ながら、彼の地元のガイドは死んだので、彼は自分でオアシスへ戻る道を見つけようとしている。
彼はそれが今の場所の南にあることを知っている。
初日、Andy(アロイシウスのプレーヤー)はナビゲートチェックをロールして失敗します。
アロイシウスは、驚くことではないが、彼が正しい方向に向かっていることを全く確信していない。
ゲームマスターは秘密裏にd6をロールして彼が迷子になったかどうかを確認し、次の判定で迷子になった場合のどの方向に移動するかを判定します。
最初のd6はアロイシウスが方向感覚が失われることを意味する1であり、2番目のd6は4であり、南西に移動していると考えて、実際に南西に旅行する日を過ごすことになります。
彼が一日中南に行ったと思ったものを旅行した後、アロイシウスは悩み気がついたころには夜となりキャンプする羽目になる。
2日目には、再度ナビゲートチェックを行うも、再度失敗します。
ゲームマスターは2つのd6をもう一度ロールし、今回は最初の結果が5となります。
だから、アロイシウスは、南西部に移動したり、南西部を旅したりするわけではない(しかし、アンディは南へ移動していると思っている)。
南西部の2日目の旅行で、アロイシウスは3日朝にもう一つの道先案内チェックをする。
今回は成功し、南ではなく南西部を旅していることを実感します。 残念ながら、彼はいつまで間違った方向に進んでいるのかわからない。
しかし、彼はいくつかの目印を認識し、オアシスに到達するために彼が現在の場所から東に向かう必要があることを認識しています。
方向感覚の欠如を呪い、彼が再び失われないことを願って、彼は向きを変えて東に向かう。
採取
賢明な冒険家は彼らと共に物資を運ぶが、彼らは時々、狩猟されるか、あるいは飢えさせられるかに関わらず、新鮮な食物で運ばれる食物を補給することを好む。
旅行中のキャラクターは、移動中に食べ物を採取することができます。
パーティが通常の1日の移動速度のわずか2/3で移動する場合、彼らは1日の食事の半分を同時に毎日収集する(狩猟と餌取りから)ことができます。
冒険者パーティが停留し続けることを選択した場合、(狩猟と餌取りから)一日の食糧を集めることができ、携行する保存食を使う必要はありません。
いずれの場合でも、採餌または狩猟を先導する当事者(NPCガイドである可能性がある)が追跡チェックまたは自然伝承チェック(どちらのチェックを行うかを選択することはできるが、両方を試みることはできない)のいずれかを成功させる場合、その日に2倍の食料が集められる。
移動中に使用するために持ち歩くことができる食料を確保するために、パーティーが逗留中に狩りをする場合、そのような無償で自然の中から調達する食料品は品質保持期限は1週間しか持続しないことを覚えておくことは重要です。その期間以後は腐敗して食することができません。
逗留しているパーティーは、疲れを避けるか、または減らすために休息した1日として食べ物の収集に費やされた1日をカウントすることはできません。
ゲームマスタの裁量では、異常な場所には豊富な食糧供給があるかもしれません。そのため、餌狩りは、その場所で多かれ少なかれ効果的かもしれません。

|

« DarkDungeons 148 | トップページ | DarkDungeons 150 »

DarkDungeons」カテゴリの記事