« DarkDungeons 140 | トップページ | DarkDungeons 142 »

DarkDungeons 141

剣の打撃がさらに数回ファイターに当たった場合、残りのほんの一握りのヒットポイントにそれらを降ろすと、それらは明らかに使い果たされます。 非常にボロボロで摩耗しているため、そのような打撃を受け流したり回避したりすることができず、次の攻撃で直撃して殺すことができます。
無力な目標
麻痺している、眠っている、または意識がないために完全に無力な対象には、鋭い武器でクーデラックスが与えられることがあります。  
クーデラックスは、重傷を負った人や動物の苦しみを終わらせるための致命傷です。それは、犠牲者の同意の有無にかかわらず、致命傷を負った民間人または兵士、友人または敵の慈悲深い殺害である可能性があります。
 
瀕死と死
キャラクターがヒットポイントを使い果たすと、彼らは意識を失い、それ以上の行動をとることができなくなります。 彼らが意識を失ったラウンドの終わりに、キャラクターは生き続けるために、デスレイに対して回避判定を行わなければなりません。 回避判定が失敗した場合、キャラクターは死亡します。 回避判定は、キャラクターが死亡するか、応急処置スキルの使用に成功したキャラクターが負傷したり、魔法の治癒が得られるまで、後続の各ラウンドの終わりに繰り返す必要があります。
ただし、1回目以降の回避判定ごとに累積-1のペナルティが発生します。
 
例:グレッチェンとエルフスターは巨人と戦っています。残念ながら、グレッチェン には7点のヒットポイントしか残っておらず、巨人は彼女に21点の ダメージを与えました。グレッチェン はヒットポイントが0になり(余分なダメージは無視されます)、気を失ってしまいま す。ラウンドの終わりにグレッチェンはデスレイに対して回避判定をしなければならない。グレッチェンはそれに成功してラウンドを乗り切る。次のラウンドでは、エルフスターは巨人のために友人の世話をすることができずに立ち往生している。
 
代わりに彼女は巨人を攻撃し、ひどく傷つけます。 ラウンドの終わりに、グレッチェンは2回目の回避判定対デスレイをロールします。今回は–1のペナルティです。 彼女もこれを作る。 第3ラウンドでは、エルフスターは再び巨人を攻撃し、なんとかしてそれを殺しました。 今回のラウンドの最後に、グレッチェンは2度目のペナルティで3回目の回避判定を行います。 もう一度、彼女はそれを作ります。
 
巨人との戦いは終わったが、グレッチェン が出血死の危険にさらされているため、ゲームマスターはラウンドごとの計時を 続けている。第4ラウンドでは、エルフスターはグレッチェンが応急処置のチェックに失敗した場合に備えてグレッチェンの傷を包帯で包んでおこうとする危険を冒したくないので、代わりにグレッチェンに軽傷治癒の呪文を唱えました。エルフスターのプレイヤーであるDebbieはその呪文に1d6+1を出して4を得る。 グレッチェンは4点のヒットポイントまで回復し、それ以上の回避判定を出さなくても死なずに済むようになった。目前の危険が去ったので、グレッチェンとエルフスターは傷口に包帯を巻いていく。
 
戦闘の構造
戦闘にはクリーチャーだけでなく、建物や船などの構造物がダメージを受けることもある。これは戦闘に付随するものであったり、戦闘中の一方または双方が故意に構造物を 標的にしている場合もある。完全な包囲は第 14 章「戦争!」で扱われていますが、単純な攻撃の場合には以下の ルールを使用することができます:ゴブリンの部族がバッタリングラムを使用して町の 門を破壊したり、2 つの船が大砲の火を交わしたりするような。構造物を攻撃するのはクリーチャーを攻撃するのと同じで、攻撃者は攻撃ボーナスと構造物のアーマ ークラスに基づいてヒットするまでのロールを行う。
 
ただし、構造はクリーチャーよりも頑丈ですが、疲労しませんので、ダメージの扱い方は異なります。 通常の手持ち式武器(手持ち式ミサイル武器を含む)は構造物に損傷を与えません。 斧で木造の建物を完全に破壊することは可能ですが、いくつかの戦闘ラウンド中にそれを行うことは不可能です。 オーガ鬼サイズ以上のクリーチャー、攻城兵器、魔法呪文からの攻撃は構造に影響します。 木造の建造物は、そのような攻撃によって与えられた2ヒットポイントごとに1構造ポイントを失いますが、木を食べるクリーチャーは完全なダメージを与えます。 石の建造物は、そのような攻撃によって与えられた5ポイントのダメージごとに1構造ポイントを失いますが、岩を掘り進むことができる生き物は完全なダメージを与えます。

|

« DarkDungeons 140 | トップページ | DarkDungeons 142 »

DarkDungeons」カテゴリの記事