« DarkDungeons 143 | トップページ | DarkDungeons 145 »

DarkDungeons 144

しかし、この呪文はキャスターにとって非常に負担が大きく、同じような(一時的ではあるが)状態を与える。人の生命エネルギーを回復させる唯一の他の方法は、その人が死ぬまで待って(エネルギー・ドレイン自体からか、ドレイン後の別のソースからか)、その人を死者の中から蘇生させることである。蘇生されたキャラクターは元のライフ・エネルギー(と経験値)に戻 ることになるが、明らかにこれは非常に思い切った方法である。しかし、利用可能な治療法がない場合、さらに冒険を続けることで、失われた経験値を再び得るという簡単な方法で、エネルギーの流出を克服することができるようになります。
 
経験の獲得
キャラクターは冒険をすることで経験値を得て、より良い仕事ができるようになります。これは経験ポイント(XPと略されることが多い)で測定されます。キャラクターは様々な状況で経験点を獲得し、それがキャラクターの経験点の合計に加算されます。エナジードレインの攻撃を受けた場合を除いて、経験値が減点されることはありません。キャラクターのクラスに関連したアビリティのスコアが高いキャラクターは、獲得した経験点に5%や10%のボーナスを得ることができます。
 
このようなボーナスは、そのキャラクターが獲得したすべての経験点に適用される(ただし、回復呪文を使用した場合や 死者から蘇生した場合にエネルギーを消耗して失われた経験点を再獲得すること、および不死レベルの呪文「力の付与」によって付与された経験点は除く)。詳細は第4章「キャラクターの作成」を参照してください。キャラクターが経験点を付与されるものには様々なものがあります。
 
宝物:キャラクターが通常得る経験値の中で最も多いのは宝物を得ることです。宝物を手に入れると、1GP = 1XPのレートでキャラクターの経験値を得ることができます。以下のソースからの宝物は必ずキャラクターの経験値を獲得する必要があります。
►冒険中に宝物が発見されました。
►「報酬」又はその他の任務又は冒険のための支払として支払われる金銭
►怪物やNPCから盗まれたお金(通常は盗賊のキャラクター)。
►支配領地からの月次所得。
►宝石、宝石その他の貴重な商品(マジックアイテムを除く。)の売却からの収入(マジックアイテムを除く)。
 
次の収入源は、キャラクターの経験を得るべきではありません。
►他のパーティーメンバーによってキャラクターに与えられた(または盗まれた)お金。
►商業的な取引を行うことによる所得
►マジックアイテムの販売からの収入。
 
その他の場合、ゲームマスターの判断で獲得したお金に対して経験値が付与される場合とされない場合があります。宝物で得られる経験値は個人差があることに注意してください。冒険者が集団で宝を見つけた場合、それぞれのメンバーがそれぞれのお金を分配したときに、そのお金の分配額(宝や魔法のアイテムをどのように分配するかによって、他のメンバーが受け取る金額と同じかどうかが変わってきます)に応じて、それぞれのメンバーが個別に経験値を獲得します。
 
モンスター:パーティは冒険の過程でモンスターを倒すごとに経験値を獲得します。これは必ずしもモンスターを殺さなければならないという意味ではありません。モンスターを追い払ったり、降伏させたりしても、モンスターを倒したことになります。モンスターは回避されることもあれば、外交的に対処して戦いを避けることに成功することもありますし、パーティがモンスターが提示する謎を解くなど、他の方法で「倒す」こともあります。
 
パーティーにとって潜在的な脅威であったモンスターだけが、敗北するための経験に値するはずです。 たとえば、地元の寺院の大祭司がパーティーのメンバーを癒すように説得したからといって、パーティーに彼女を説得したからといって、そのパーティーに経験を与えてはなりません。 各モンスターに相当する経験値の詳細については、第18章「モンスター」を参照してください。 冒険が個人のための特別なサイドクエストでない限り、モンスターを倒したときに得られる 経験値は、たとえパーティメンバー全員が同じように戦闘に参加していなくても(あるいは、パーティ メンバー全員がすべての戦闘に参加していなくても)、すべてのパーティメンバーに平等に分配され るべきである。
 
通常、1日のゲーム時間内に行われる遭遇や一連の遭遇の終了時に、モンスターの経験値を一括で付与するのが最も便利です。プロットゴールの達成 パーティが現在進行中のプロットに参加している場合、ゲームマスターの判断で、プロットを結末へと導く目標を達成した場合、ボーナス経験値が与えられることがあります。その他 ゲームマスターの裁量で、キャラクターには、ロールプレイが上手だったり、ユーモアがあったり、サイコロを持ってくるのを忘れない唯一の人物だったりと、その他の雑多な経験点が与えられることがあります。
 
この種のその他の賞が使用されるかどうか(およびその頻度)は、キャンペーンの雰囲気に大きく依存します。

|

« DarkDungeons 143 | トップページ | DarkDungeons 145 »

DarkDungeons」カテゴリの記事