« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

説得

トーエン「よく言われます。いろんなところでよく言われます。原始の炎ですら、同じことを言われました。そのうち囚われし神にも同じことを言われるんじゃないかと。
それって最高かな。そろそろ休憩終わりにしませんか?」
銀龍「なんで?」
トーエン「だいぶ劣勢なんですよ。」
銀龍「なんのことやら。」
トーエン「トロンヘムという町が壊滅しましてね。」
銀龍「それは人間の行いだろう。俺は関係ない。」
トーエン「善と悪のバランスが崩れると困るでしょう。」
銀龍「宇宙の天秤を守っている守っている者たちがやるべきことだ。俺は関係ないね。」
トーエン「貴方は何を守っているのか?」
銀龍「そんなことを言われてもね。」
トーエン「善ですよね。」
銀龍「当然。」
トーエン「失礼ですけど。年齢って。」
銀龍「50ぐらいかな。」
トーエン「若いー。じゃーいっしょに旅に出ようぜ。」
実ははなたれ小僧程度だと思っているようですが、トーエンは言わない。
銀龍「面倒だな。どうせ。乗せて飛べとか好き勝手なことを言うのであろう。」
トーエン「俺たちには魔法の道具があるんだぜ。これより早いなら考えるんだが。」
銀龍「言わない。その内容では絶対乗せて飛べと無理難題言い出す人間だな。
報酬はなし食事もなしとか待遇は最悪。散々こき使ってポイ捨てなんだろう。正義を振りかざす人間はそんなもんだ。人間はわがままだからな。」
トーエン「人間は人生50年だから、それだけ急かしたものになるよ。貴殿が生まれたころの人間はほぼほぼ死んでいるわけだから。」
銀龍「無理難題をねじ込む輩からの話は聞きたくない。島をくれとか、どこどこまで連れていけとか。」
レッシュ「要求がてんでんばらばらでー。」
銀龍「国をくれとか。守護者になってくうれとか。好き放題。俺は正義だ。言うことをきけー。手伝いをしろということばかりでもううんざりなのだ。」
レッシュ「そういうのもありじゃーないですかー。」
トーエン「最近、正義か、どうか悩んでいるので銀龍がそばにいてくれたらと思うのですよ。」
銀龍「それは根本的なにかおかしい。」
トーエン「俺が正義でないならば、傍らに銀龍がいるはずがない。といえるじゃないですか。」
銀龍「それこそ納得できない。」
トーエン「どうせ。暇なんでしょう。」
レッシュ「手伝ってよ。」
銀龍「手伝うつもりはない。さっさと行けー。」
トーエン「じゃー寝る場所を変えよう。この魔法の盾の中にどうだ。」
銀龍「いやだ。」
トーエン「人型に変身してください。」

|

怠惰

図書館の地下だらだらしている冒険者
「剣八本あつめてないしー。」
トーエン「魔神の琥珀も消滅させたことだし。あつめる必要なんか~ないよね。魔人復活してないもーん。」

12/9
トーエン「あんまり~遠いとか面倒くさいなー。」
レッシュ「近道ないんか~。」
チェルシー「第一トーエン村までは、マイドゥの神殿おおむね75日ぐらいの日程が必要かと。
その先に15日ほどかな。」
レッシュ「帰還呪文で一とっび」
レッシュ「まったく違うところにー。」
トーエン「アストラルシフトして、山のど真ん中通過して、行くってことで。」
仲間を盾の中に放り込み。魔法の絨毯で霞となってまっすぐつき進むことにする。
山の下に分け入るトーエン
地中深く進むと大きな地下鍾乳洞の中で銀龍が寝ているところに出くわす。
確認すると実体化して、仲間を出てくるように指示をする。
わらわらと出てくる仲間たち。
銀竜はそんな大きくはない。
大きさ40f サイズは小扱い 駆け出しの若者扱いの銀竜ということ
周囲には、金貨はない。
気配を察して、目を覚ます銀竜。
トーエン「こんちわ~。」
銀竜「なんだ~。人間よ。」
トーエン「このあたりで、でっかいゴールドドラゴン見かけませんでしたか?」
銀龍「いきなりだな~。」
トーエン「じゃ~本日はお日柄もよく。なかなかお休みののところ申し訳ありませんが~。
結局のところ、このへんででっかいゴールドドラゴン見かけませんでしたか?」
銀龍「しらん。」
と機嫌が悪そうである。
チェルシー「うっかり迷い込んでしまったのです。」
トーエン「いでよ。神龍!願いをかない賜え。」
銀龍「なんだそりゃー。」
トーエン「そもそも。善の軍勢の銀龍がこんなところで休んでいていいんですか?がんばらないとー。」
銀龍「今休憩中だ。」
トーエン「あなた達の休憩長いんだって。寿命が長い生物は休憩が長い。ちょーながい。」
銀龍「面倒くさいな。」

|

無責任

レッシュ「集める意味はあるのか?」
トーエン「集めたら、そりゃ~好き放題だ。脅迫しまくりだ。」
王「混沌の性質だな。」
トーエン「開くのは火の神殿の扉ではなくって?」
王「幽閉されている神の牢獄の扉が開くという伝承はあるようだ。」
レッシュ「開くと出てくると。」
王「そうだ。」
トーエン「始原の炎が渦巻く世界への扉はどうやって開けるのですか?」
王「精霊神殿に、四大精霊世界への入り口たる門があると言われている。精霊の眷属の伝承による。邪悪な宝珠の三個はどれであっても、幽閉されている神の時の牢獄からの解放ではないかと思われる。その代償として絶大な力を与える。その力は信者や興味を持つもには大変民力的な内容だと言われている。」
トーエン「金の宝珠は見たことがないなー。」
王「幽閉されている神は、虚無の化身と言われている。極めて危険な存在ゆえに幽閉された。」
チェルシー「金の宝珠は、すでに破壊されたという記録がありましたよ。」
トーエン「他の神々にフルボッコにされる神に用事はないです。」
王「幽閉されている神は、邪神ではなかったといわれている。そそのかし堕落させたのは風の王による奸計という話もある。」
トーエン「黒幕といえば、だいたい風の王と相場が決まっている。」
王「堕落した神の持っていた”邪悪の断片”が落下してできたのが奈落の下に続く次元世界といわれている。」
冒険者はびっくり仰天。
王「落ちることによって世界を作っているということもあるので、今となってはどこまで落ちたのか?それすらわかっていないということもあるようだ。」
トーエン「わー迷惑~。」

トーエン「やることがなくなってしまったこれからどうする?ロックハートを探すとか。琥珀の欠片をあつめて処分とか。8振りの剣を集めるとかしてなししー。」
チェルシー「それは肆刀四剣だっけか。魔人を封印するためとか。」
トーエン「一つも集めていない。」
レッシュ「トロンヘム王国はとりあえず放置で。」
チェルシー「全部放置で世界流浪で諸国漫遊とか。蔦の神殿とか」
トーエン「あれは女神から来るなって言われたし。」
チェルシー「トーエン村とか」
レッシュ「雲上の巨人の城とか。」
トーエン「めんどいものは、ほとんど異世界に捨てたし。時空の穴は、結局ベクナが居城を持ってきたし。訪ねてくるなと張り紙があったしなー。故郷にもどって、ロックハートの帰りを待ちつつ、原形質の塊が襲来しないか北を監視しつつ釣りでもするとか。」
チェルシー「ユー 領主になっちゃいなよー。」
レッシュ「漁師だな。」
トーエン「責任がのってくる領主はやだな。漁師はいいけど。」

|

抹消済み

トーエン「原形質の塊を創造したものはだれか?」
王「それは、使役するためにカサカサが作り出したと言われている。」
トーエン「あれが旧支配者の成れの果てだったのか~。なるほど。その封印を破壊したのでー。一気に枯れたと。工業排水だと思っていたのだが~。原因は俺だったのか~。悪いことをしたな~。カサカサには。」
チェルシー「カサカサは工業廃水からは逃げていたし。劣化している。創造したのは、古のカサカサってことでしょう。」
トーエン「劣化したカサカサだけに知識もあまりないカサカサまで落ちぶれてしまったということか。」
レッシュ「文明は失われてしまったと。そして、蛮族に駆逐されてしまったとか。」
チェルシー「我らの力では何もできないってことか~。今の編成では無理だな。」
トーエン「この図書館に地下都市メンゾベランザンの在りかとか、そういう文献はありませんか?長いこと調べているんですが~。誰も行き方を教えてくれなくて~。」
王「ドロウ達の根拠地と伝えられている。その程度しかわからない。」
トーエン「見つけて破壊しても、それは偽物でしたとか~。とかになりそう。」
チェルシー「いや~破壊してもすぐに違う場所に新たな拠点が形成されて、新メンゾベランザンっていいだすとか~。」
レッシュ「ニューメンゾベランザンとか、ネオ・メンゾベランザンとか~。」
トーエン「種族を一つ滅ぼすというのは無理があるので~。」
王「それは簡単だな。メンゾベランザンよりも有名な場所がある。」
チェルシー「それは?」
王「アビスの蜘蛛の巣の階層。ドロウの女神がいるところなんか~。どうじゃ~。殲滅するなら~そこまでいかないと~。まずは、アビスの風の王の居城まで、出向いて、謁見しないとねぇ~。特別な直通の回廊を教えてもらうのだ。そこを使わせてもらう許可を得る。とても大変なことだと思うがのー。」
チェルシー「それはしんどい。」
レッシュ「行くのはよいのだが~。帰ってこれるのー。」
王「帰ってこれるという保証はない。勇壮果敢な冒険者たちがその道に挑戦したが~その事実しかしらぬ。。」
トーエン「どうやって女神を倒すのですか~。」
王「戦って勝利するしかない。」
トーエン「相手は女神なんですよね。」
王「その通りだ。」
トーエン「武器次第でやれなくもないか~。いや~無理だ~。戦ってもだめだ~。」
ごにょごにょ作戦会議と休息をとりつつ
トーエン「死の「銀」宝珠について何か情報ないか?」
王「邪悪な宝珠の三個のうちの一つ。他に「金」があった。金と銀は、複製品。本来のオリジナルの宝珠は「忘却」という名前がついていた。関連する精霊の宝石とか、魔法道具がすべて揃った時、すごいことが起きると言われている。秘密の儀式も必要だ。信者の心情や行動から推測すると幽閉されている神の解放ではないかと思われる。その神については調べてはならぬ。」
トーエン「その儀式の方法は?」
王「その方法は伝わってはいない。部外者は知らないほういいものはある。記録はされていない。」
トーエン「その精霊の宝石についてなにか記録はありませんか。」
王「チリジリバラバラになっている。その所在はわからない。」

 

|

質疑応答

トーエン「とういことは、王国は関係していないようだ。ついうっかり破壊してしまったが、なんとかしないといけないようだ。」
チェルシー「世界の根幹に関わる神殿と言い出したのは、トロンヘム王国の廃墟をうろうろしていた得体の知れない僧侶だよ。不死身の体をやろうか?とか。」
トーエン「世界の根幹を支える神殿の記述とか、なにか残っていますか?」
王「それはわからない。」
トーエン「その界隈で移住してきたフォイグンたちが生産活動を開始して、気候が激変して温暖化して活動を開始したとか。」
レッシュ「それって、氷河はここにはないし。やはり向こうだな。」
王「黄衣の王とその眷属を排除することは、とても難しい。封印するのが精一杯である。封印を破壊され温かいところに現れたならば、元に戻すことは大変難しい。人の世の中に災いをもたらすのは、魔石であったり道具はいろいろある。しかし、それを扱うのは人なり。道具は道具。邪神になりたいとか、という面倒な輩もいるが、それはそれだ。あれは帰すのが大変だ。封印するかしない。」
トーエン「その封印ってどんなんでした?」
王「水分を抜いて、氷で固める。それをまったく関係のない場所に遺棄する。」
トーエン「我らが知りたいのは、その封印した場所の近所にあった神殿についてなんだがー。よくわからんのでー。継続案件は、すべてフォイグンたちに任せようと思う。黙ていればわからんてー。」
レッシュ「それって、本体をたおせればなんとかなるのか?」
チェルシー「もう一回北にいくのは、大変ですってー。」
トーエン「あっちはあっちで、頑張ってもらおう。これから冬だしー。」
レッシュ「トロンヘム王国の図書館に原形質の塊のことの記録あるってー。どういうこと?」
トーエン「戦士と僧侶の押し問答があったよなー。カエルをなんとかしてくれと。」
チェルシー「それをなんとかしたのが僧侶だった。それは最近の話だが。」
トーエン「そうそうカエルのような魔界生物を使役している輩はどんな奴ですかね。」
王「スラードは、忘却の次元世界にいるといわれているが混沌の塊のような生き物だ。使役するのは概ね心のねじ曲がった悪の魔法使いが召喚して現れるものだ。王国から破門や追放された魔法使いは何人かはいる。そのような輩ぐらいか。記録は抹消済み。」
レッシュ「トロンヘム王国を守護するものがいなくなった今、やりたい放題ということか~。」
トーエン「竜の守護がなくなったときに想定される敵対勢力はなに?」
王「邪悪な魔法使いオスタネスの一団、とか混沌のニフトとか。生きていればの話だが~。ノール、トロール、オーガにバグベアのエリスヌルの信者とか禍をもたらす輩だ。」

|

火は使えない

レッシュ「でしょうね。」
トーエン「これ幽霊じゃなくってー残留思念っぽいので亡くなった後のことは、まったくわかっていないというか。知らないことは答えてくれないぞ。そうそう金龍がどこにいるとかー知り合いはいませんか?どこかで寝ているとか。」
王「それはドワーフ族に聞いたほうがいい。山ノ下の王国のドワーフたちだ。」
トーエン「誰を訪ねればいいのですかー。」
王「それはわからん。」
トーエン「知り合いいないの?」
王「それはわからんし。友達少ないからーな。」
レッシュ「黄衣の王とその眷属の情報がほしい。」
王「ふむふむ。それか、決して火を使って責め立ててはいけない。ならんぞ。」
チェルシー「なんですってー。」
王「火を使うとどんどん小さくなる。それで勘違いするんじゃー。うまくいっているとな。」
レッシュ「知っているんですね。」
王「原形質の塊は、熱を加えると 火で責め立てるとどんどん小さくなる。干上がったりすると身の危険を感じて最後には柱のような枝が上へと成長し始める。その先端にタンポポの種子のように塊ができる。最後の最後にそれが爆発して、干上がって朽ち果てしまう。
それで、勝利したと勘違いをしてしまうのだ。問題はその後、飛び散った微細な種が苗床の栄養が確保できたとき、突然発芽し、もう猛烈に繁殖を始める。ゆえに火は使わないほうがいい。」
チェルシー「凍らすほうはどうなんですかね。」
王「火をつかわずに固めてどこかに封印するのが一番よい方法というわけだ。」
レッシュ「固めるテンプルでー。」
王「地獄の業火とか、太陽の直火とかであれば違うのであろうが。普通の火であれば、今ほど説明したようなことになってしまい、被害は拡大する一方ということになる。勝利の宴のあとしばらくして、気がついたら町全部が原形質の塊になっていたり、原形質の塊人間なってしまって振り出し戻る以上の最悪な事態に陥ってしまうということだ。」
チェルシー「それは怖いなー。」
王「それは昔あったんだー。経験がないと言えぬ事象である。」
トーエン「昔あったということかー。」
レッシュ「それってここであったということなんですかー。」
王「バカな魔法使いがねー。一人いたんですよ。ニフトという奴がおってだなー。奴は結局取り込まてしまった。
人型の半分原形質の塊みたいな体になってしまったわけだ。」
トーエン「ってことは次フォイグンに合う頃には人型の原形質の塊になっているかもってことかー。」
レッシュ「それって、どうやって倒したんですか?」
王「それはだなー。まずは氷漬けにして、動きをとめて運んだのだ。山の中に捨ててきた。」
レッシュ「それって、火山とかマグマの煮えたぎる火口とか?」
王「話まったく聞いてないではないか。火は爆発するから使えない。だから、氷河の流れる山の中に穴を掘り捨ててきた。」
レッシュ「それって、倒すことは難しいということですね。」
トーエン「ってことは、僧侶がいなかったということでー。」
王「トロンヘム王国は、そういうところだ。」
チェルシー「黄衣の王とその眷属を封印するには、氷の神とかそういうのがいると?」
レッシュ「それって、封印した場所というのは、北じゃ~ないでしょうね。」
王「ここから、北だった。それしかないだろー。」
トーエン「話がいきなりつながってきたぞ。封印した場所の近くに祠とか祭壇とかありませんでした。」
王「それはわからない。」と答える。

|

一人逃げ去った僧侶が高見から見ている。
翌日 12/5
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える
質問は三つ
レッシュ「今現在、黄色の衣の王の眷属を封印する方法はあるのか?」
「イエス」
レッシュ「その方法は、善の神に由来するものなのか?」
「ノー」
レッシュ「その方法は、我らに接触した神に由来するものなのか?
「イエス」
トーエン「それってかなり限られるぞ。」
レッシュ「嵐の王もいたしー。エルフの女神もいたしー。邪神もいるしー。」
トーエン「焚き火をして質問するか~。」
チェルシー「キャンプファイヤー」
トーエン「原始の火とか水とか氷だときびしいなー。」
木片を積み上げて、焚き火を始める。
ぶつぶつ呟くトーエン なにもおきない。
時間だけが流れていく。
しっている神々の名前を叫ぶもなにもおきない。
悪態をつくトーエン。
トーエン 笛をとりだし ピーーーーっとふく。
トーエン「旅にでたという人は、近くにはいないらしい。」
しっている神々の名前を叫ぶもなにもおきない。
悪態をつくトーエン。
トーエン「ふわっと神々がやってくるわけは、ないかー。文献とかないかー」
レッシュ「ないよー。南方の魔法帝国なんてのもありましたが。」
チェルシー「竜の守護する鎖国した国がありましたねー。」
トーエン「金竜ではなかったよね。」
エリー「青龍だったかも。」
トーエン「皇帝だか。話がまったく通らない奴しかいなかった。粘菌たちは、フォイグンの将軍たちに任せてしまえばいいのだ。」
エリー「念願のマイホームを建設して、領地経営に進出するとか。」
トーエン「精霊教団のレアスと和解して、魔界への扉をいきなり開けるか?風の王は、生きている間は保障するかゆーとるし。ここにいる奴が全員死ぬまで保障するという条件を書き換えての話だが。」
チェルシー「そういう問題?」
トーエン「トーエン村で畑を開墾とか。いやいや綺麗になったことだし、旧市街地の地下図書館の様子でも確認してみるか。」

この時点では、トロンヘム王国の旧市街地は、地上部分の水は、ほとんどなくなっている。
地下の冠水は、水が抜けていないのでそのままである。
それ以上のことはまったく確認していないので把握できてはいない。
レッシュ「水は抜けていないか。」
トーエン「粘菌がなくなったので、不浄なものはなくなったが、草苔の類もすべて無くなってしまった。土か砂しかないわー。」
竪穴を降りて、地下の最下層まで降りるとあるべき扉はなく、壁になっている。
この時点竪穴は、水で満たされているが、あまりよどんではいない。
トーエン「・・・・」
スラード襲来の時に排除するために通路を壁で押しつぶすカラクリが発動したことを忘れている冒険者であった。
トーエン「魔法の指輪の力で、奥を確認してくるはー。」と一人霞になって壁の中に消えていく。
壁の中には、通路は皆無である。
中央の奥の小部屋しかないような感じである。
その部屋には、中央に朽ちかけた玉座がある
精巧な作りであるがゆえに、ここは水には浸かっていない。
その小部屋に潜入し、実体化するトーエン。
いろいろやるもなにも反応がなく困惑する。
しかたなく一旦地上に後退して、仲間を魔法の盾の中に放り込み。
再度 地下図書館の一番奥の小部屋に戻ることにする。
チェルシー、レッシュにも手伝ってもらって、祈祷とかいろいろしてみる。
ぶつぶつ文句を言いながら、爺の幽霊が玉座にしがみつくように実体化する。
王「よっこいせ~。とな。なんじゃーまったく。」
レッシュ「いらっしゃーい。通路の開け方を教えてください。」
王「害虫がきたら閉まるのじゃ。」
レッシュ「駆除しましたよ。」
王「そんなに簡単に開かない。開けるには数年かかる。時間がくれば、通路は開く。餌なしで数年生存する奇妙な輩もおるでのう。」
*ダイオウグソクムシとか、動く死体のことを指していると思われる。
王「薄いシートモンスターなんてのもいたこともあったしなー。なんじゃー。」
トーエン「黄衣の王とその眷属の文献はありますか?」
レッシュ「トロンヘム王国がカエルやら粘菌みたいな奴に狙われたりとかいろいろとあったのですがー。ご存じありませんか?」
王「何のことやらさっぱりわからん。」
レッシュ「トロンヘム王国が崩壊寸前までいった狙われる原因ってことなんですよ。」
王「そんなことは、さっぱりわからん。」

|

金コミ終了と次回イベントについて

金コミは今回終了となったが
イベントの開催規定を変えた別イベントになる。
フリマとしての参加も可能となるようで
古本とかなんでも売れるようになるようだ。
TRPGの不要の書籍もこれで売ることができるというわけだ
追記 秋にはKACがすべての活動を終了するというステートメントがでた
また、一つの時代が終わるようだ

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »