« 変態 | トップページ | はじめに »

宴の仕入れ

チェルシー 弓で射る。
ドスドス当たっている 一人が倒れる。
倒れた奴を放置して 交代して、倒れている首領を引きずって逃げようとする。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
何もおきない。
チェルシー 弓で射る。
ドスドス当たっている
トーエン 力任せに逃げるフォイグンの民を投げ飛ばす。
あきらめて、仁王立ちするフォイグンの民
「最後の一兵卒になろうとも~。」
と能書きをたれているが、言葉がまったく通じていないので誰も分かってくれない。
トーエン にじり寄りつつ、表情を代えずに内蔵を破壊する一撃を加える。
崩れ落ちのたうち回る兵士
嘔吐して、ぴくぴくしている。
トーエン げらげら笑っている
目が見えない奴、金縛りにあっている奴
悶絶している奴を尻目に冒険者の悪の笑いだけが周囲に響いている。
レッシュ 生存者をさくさくと縛りあげる
トーエン「話す気のある人~先着三名まで~。」
「お前たちはいっいなんだー。」
「異教徒めー。」
「人間のくせにー。」
てんでに不満を言っている。
彼らには、まったく理解できない展開である。
トーエン「声の大きかった貴方ははずれ~。」
縛り上げたフォイグンの民を一人、スロープに放り込みます。
悲鳴と骨がくだける音がします。
トーエン「喋る気のある人~先着二名まで~。」
「何を求める。」
トーエン「この偉そうなものはいったいなんだ。」
「大佐殿である。」
トーエン「出撃していない輩で一番エライってこと?将軍はいつ帰ってくる?」
「わからない。」
「秘密事項だ。」
トーエン「ふむ。大佐殿が使っているという食料庫へ案内しろ。」
縛り上げた捕虜に案内しろとこれまたむちゃぶりする。
方角しかいえないわけで、言われた場所を扉を破壊して、中を見聞すると
庶民には無縁の高給食材がいろいろと発見することができます。
合成食料はなく、新鮮な肉がつるしてある。
合成卵ソースではなく、新鮮な卵がある。
ひんやり冷えている区画
トーエン「おばちゃん 。村で祭りをするにはどれだけの食料がいるかな。」

|

« 変態 | トップページ | はじめに »

episode-4」カテゴリの記事