« 累計出荷数が565になりました | トップページ | 配管 »

悲鳴

トーエン「では、こちらから会いに行くことになるが。」
入り口でごたごたしていると、扉をあけて、保安要員がぞろぞろと出てくる。
六人がフルプレイトアーマーに所持しているうねうねしている刀は、抜き身である。
トーエン「いい剣だな。よこせー。」
ぼかーんとする保安要員
チェルシー 傍観している。
レッシュ「そこそこです。駆け出しではない。」
トーエン「安心しろ~。こいつらこの世界ではない奴らだから~。死に神も怒らない。」
*勝手な思い込みです。
トーエン「降伏しろ~。今ならまだ間に合う。」
保安要員「いやだ~。言っている意味がわからない。」
巨大な楯を持ち出してくる。
トーエン「応援を呼ばなくて~いいのか~。」
ごそごそしている保安要員
ぴろぴろぴろ~。ふぉわんふぉわんと各種
警告音があちらこちらからしている。
さらに周囲を取り囲むように兵士が出てくる。
棒きれをもっている作業員とか
上半身だけ甲冑を着用している兵士とか
あきらかに動員がかかって慌てて出てきた兵士が80人
レッシュ「うねうねしている剣は上等な剣程度だな。すんごい魔剣じゃ~ない。」
保安要員「奴らに近づくな。近づくと落とされるぞ。遠くから投げつけるんだ~。」
石ころやその場にあるものを投げつける兵士たち。
石ころ、ねじ、その場にあるものが冒険者に降り注ぐ。
トーエン「そんなことでは、何も効果がない。降伏しろ。今なら許してやる。ただし命だけだが。」
レッシュ「混沌して邪悪。統制をとっているのは、強権によって縛り上げているってことかな。」
四人がかりで、一台のバリスタを搬入してくる。
がらがらと大きなバリスタを右手と左手から挟み打ちでもするかのよう配置している。
レッシュ「バリスタだと攻撃できるぞ。うーむ。」
トーエン「あんなでかいのーそうそうにあたらん。そうだ~。隊長はどこだ~。」
みんな同じ風貌なので、まったくわからない。
*珈琲をいれる人と攻城兵器ではスペルがまったく違います。
バリスタめがけて走るトーエン。
兵士「こっち~にこないでー。装填が間に合わない。悲鳴」
トーエン 「俺に追いつけるはずがない。」
バリスタの弦をブチっと切る。弦は、金属製の板バネということもあり、切られた反動で周囲にいた兵士一名が吹き飛ぶ。
野太い悲鳴がする。
バリスタ (ballista) (兵器)

|

« 累計出荷数が565になりました | トップページ | 配管 »

episode-4」カテゴリの記事