« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

自爆装置

チェルシー「窓がないんだよねー。」
レッシュ「格納庫だとか~。」
仲間を楯の中に放り込み、魔法の空飛ぶ魔法の絨毯を乗り込み幽体になって、軟禁されている建物から飛び出て、ふよふよと浮遊していく。
一番高い超高層の30階の屋上までいきなり飛んで行く。
上空はかなり強い風がふいている。
物理的な存在ではない霞のような存在なので、まったく影響はなくふよふよと飛んで行く。
いきなり、降り立つ冒険者たちは、実体化をする。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
レッシュ「下への隠された入り口はあるけど。くぼみはあるけど、鍵穴はない。」
いきなり消えるトーエン。
魔法の指輪の力、天井部分をすり抜けて中に入ってから、鍵をあけて、隠し扉を開けて出てくる。
トーエン「じゃじゃ~~ん。」
絨毯をしまい、準備をととのえて、周囲の状況を確認しつつ、梯子を降りていく冒険者。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
最上階は、通路は分岐しているが、機械室となっている。熱交換機の排気部分の大型機器にエレベータの巻き上げ機とか納まるっている。後は給水タンクがある。他にもいろいろとごちゃごちゃと機械が設置されているが、冒険者には皆目わからない。
トーエン「ここはスルーだ。」
途中から階段になって、降りていく冒険者たち。
大きなぶち抜きの区画、円卓を取り囲む椅子
一方向だけは、大きな窓ガラスとなっている。
外を見下ろすように、大きな椅子が一脚ある。
他には、バーカウンターがある。いくつかの扉はある程度である。
扉があいて、そちらを一斉にみるエライ人が三人。
トーエン「制圧だ。」
飛び出し、散開する冒険者。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
一人はいきなり、動かなくなる。
チェルシー「残りを制圧だ。」
レッシュ「人間のようで~人間じゃ~ねぇ~。」
トーエン「外道だ~。」
チェルシー「何かが化けている。」
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
あたりは静かになる。
白髪のフォイグンの民の容姿だが、固まっている一人。
他の二人は、トーエンの容姿に変化する。
レッシュ(俺だけでは、魔法がかかっている奴を見極めることができるから、真贋はわかる。と思っているが、チェルシーにそれを言葉で伝えるすべはない。すべてはみぶりてぶりである。)
チェルシー(@_@)
トーエンの外観の三人が組んずほぐれつ殴り合いをしている。
本人がボコボコ殴られているが有効打とはなっていない。
チェルシー 口がパクパクパク。
トーエン 魔法の指輪を使って霞になってしまう。
戸惑う偽物が二人。
チェルシー 躊躇なく弓で射る。
ドスドス当たっている。
倒れる偽物が二体。
灰色の人間ではないモノの姿で床にころがる。
トーエン 本物がゆっくり姿を現す。
トーエン「これ前も戦ったことなかったけか~。」
といいつつ、手足を縛り上げて放置にする。
二人から緑色の体液が漏れでて、床を汚している。
正体を現したドッペルゲンガーは、何かをつぶやいているが、まったく理解できない。
会話をしようとするが、錯乱しているのでなかなか交渉がうまくいかない。
ドッペルゲンガー「もうなにしもない。どうせ。抹殺するんだろー。」
トーエン「何もしないのであれば〜。立場が悪くなるぞ。お得な情報はないのか?」
ドッペルゲンガー「ここには、旦那様はいらっしゃいません。」
トーエン「はい。失敗。旦那様ってだ〜れ。」
絶句する。ドッペルゲンガー。
ドッペルゲンガー「それは、この塔の主人。」
トーエン「それって、ホイグンの偉い人なのか?」
ドッペルゲンガー「そうだ。」
トーエン「そいつの名前は?呼ばれ方とかあるだろー。」
ドッペルゲンガー「アルグマイン03です。」
トーエン「なんだかな〜。」
ドッペルゲンガー「原形質を征伐に出撃中です。」
レッシュ「なんだ〜そりゃ〜。」
ドッペルゲンガー「山の向こう側に進出してきた人食いアメーバーを退治に向かったのですよ。」
(1958年のアメリカ合衆国のSF映画。を参照されたい。)
トーエン「巨大な人型があっただろー。」
ドッペルゲンガー「それは、現在出動中です。」
レッシュ「ここには軍隊がいないとか。手薄ということか〜。」
ドッペルゲンガー「ブロッブと言われている形がないぐねぐねしている個体です。
*ショゴスは、パテント的に問題があるので使用していません。
トーエン「全く聞いたことがないなー。あれが必要となるぐらいの敵?もっと説明しろー。」
ドッペルゲンガー「ブロッブが大暴れしているとかで旦那様は、出掛けて行きました。そうそう渓谷が埋まってしまうぐらいの量だとか。」
トーエン「巨大な人型は、一つしかないの?」
ドッペルゲンガー「他の機体は、この近くでは現在稼働しておりませんが〜。」
トーエン「この近くにはいないって事は〜他にはいるんだ。」
ドッペルゲンガー「魚を捕りに出ているので〜。」
トーエン「あれは、なんで動いるんだ〜。」
ドッペルゲンガー「魔法の力で動いているんです。」
トーエン「以前、搭乗した事がある奴は、魔法の宝珠2個で動いていたんだが〜。そんなもん?」
ドッペルゲンガー「言っている意味が、理解できませんが。」
トーエン「技師は、どこだ〜。あれを整備している奴がいるだろ。」
ドッペルゲンガー「整備工場?それはこの真下です。」
トーエン「じゃ〜行ってみるか〜。」
ドッペルゲンガーの首に回していた紐を引っ張るが、ジタバタしている。
トーエン 仕方ないのでドッペルゲンガーの全員トドメを刺すことにする。
ドッペルゲンガーの体液はだらだらと流れ、あたりを汚すことになる。
冒険者は、情け容赦なくその場を離れることになる。
下へとおりていこうとする。
階段はなく。昇降機しかない。
仕方なく、トーエン 魔法の指輪を使って仲間を放り込み、床を抜けていく。
階下は、吹き抜けであり、全くの空っぽ状態。
足場やクレーンや整備する道具ばかりが放置されている。
最上階とは完全に切り離されているような状況である。
仕方なく、最上階に戻って、一旦情報共有をして、昇降機を操作して、カゴに乗って地上に戻ることにする冒険者であった。
トーエン「技師も連れて行ったのか?」
ブツブツ言っている。
昇降機のカゴはすごい勢いで降りていく。
チーン
カゴの扉が開くと巨大な吹き抜け区画の一番の底である。
建物の中の区画ではあるがプレハブ小屋がいくつかある。
フレハブ小屋の中はどれも無人である。
色々と調べてみるも、休暇をとっているのか?全て無人である。
トーエン「整備するものがない。仕事がないということか〜。」
レッシュ「マニュアルとか〜ないのか〜。」
彼等の書物をかき集めてみても、全く読むことができない。
トーエン「チェルシーの技能で読めるんじゃ〜な〜い。」
書物は、かなりの絵解きなので〜なんとなく分かる。
チェルシー「え〜〜〜。マジ〜。これは読めたけど〜。足の部品の交換方法だぞ。もう嫌〜。部品交換とか〜しないしー。」
トーエン「自爆スイッチとか〜ないのか〜。」
エリー「絶対に変!」
チェルシー「魔法の宝珠の記述がないよ〜。胸とか何にも記述がないというか。なんか違います。」
トーエン「なんだって〜。全く違うじゃん。」
*コスースの島は、そもそも頭部しか絡んでいない。
吹き抜け区画を空飛ぶ魔法の絨毯でフヨフヨと浮上する冒険者たち。
28階の明かり取り用の窓から外を確認すると
南の方角の山向こうから、いく筋かの煙が上がっていることが確認できる。

|

斥候

透明になって、チェルシーはすり抜けて市内を見に出かけていく。
町中にの人通りは皆無。建物は整然と並んでいるが、兵士しかいない。
兵士は隊列をくんで、行進の練習をしているのが見える。
他は何もない。
工場は稼働して、煙突は煙がもくもくと吐き出している。
風がピューーーーーとふいている。
酒呑んでいる兵士がうろうろしていると逮捕されるのが見える。
まれに荷馬車がたまに走りすぎていく。
冒険者は、宿舎に軟禁状態である。
建物の中にはいると、暖かく暖房がきている。
幹部は、まったく違う普通の食事をしているのが見える。
庶民の生活とは別世界の境遇であることがわかる。
特権階級はでっぷりしていて、待遇が違うようだ。
チェルシーは、その市内の見聞をして、観察をして戻ってくる。
大通りは、ただ広いだけで人通りは皆無
巨大な工場区画と大通りを挟んでの雑然としている小さな町工場が広がっている。
煙突が大小が林立している。どこからも煙がもくもくと出ている。
住居区画や畑や家畜小屋という明快なものは、まったくないことに気が付く。
巨大な工場には、窓はほとんどないという状況。
灰色ばかりの壁が続いている。
都市部周辺は、荒地ばかりという状況。この時期では枯れた草と苔程度しか見かけることはできない。
カサカサという草の群生地は、見る影もなく腐っている。
高層の工場の上層部分には、特権階級の住居部分があって、まったく違う調度品や生活をしていることを
合成ラーメンではなく天然の食材をふんだんに使った料理がふるまっている。
支配階級は、どこにいるかと探し回るチェルシー。
軟禁状態の冒険者は、
レッシュ 腕立て伏せをしている。終わったら、腹筋を必死に鍛えている。
トーエン「ベントラー ベントラー あいちゃ~ん あいちゃ~ん。ほんだららった へんだららった どんがらがった ♪ふん ♪ふん。」
と祈りを捧げている。
トーエン「半熟英雄あぁ世界よ半熟なれ。半熟ヒーローは最高!」
暖炉に向かってブツブツとつぶやいている。
暖炉の火は急に小さくなったり、まったく違う色の青い火が燃え上がったり、暖炉の中が混沌が渦巻いています。
「幽閉されているので、返事をすることができません。」
トーエン「えーーー。誰に。」
「娘ぇ~にぃ。。。(ドゲシ罵声悲鳴)プーープーー。」
という声がして、会話が途切れてしまう。
トーエン「神々の事情には、ちょっと疎いんで~。」
今までの炎とは、まったく違う青い炎が赤い炎を駆逐して、前に出てきます。
「幽閉してやったわー。あっハハハハハ。」
トーエン「それって、娘ちゃうってー。呼んだんだからなんかいえー。」
「助けて~(悲鳴)」
トーエン「アイミックスさん?」
「う~ん....アイミックスだよー。」
レッシュ「これは怪しい。なんか変だぞ。言動がらしくない。」
火がしゅーーーんと消えてしまう。
青い炎がめらめらと燃え上がる。
トーエン「どうも。はじめまして~。」
青い炎「きら~い。邪悪はきらーい。混沌はきらーい。」
トーエン「いえいえ。まだ~中立なんですけどー。」
青い炎「善だもーん。他はきらーい。」
トーエン「そんなら~くんなや~。(`へ´)」
青い炎「ひやかしーひやかしー。」
トーエン「今回はご縁がなかったということでー。」
暖炉は普通にもどっていく。
*参考 アドベンチャータイム#69
しばらくすると透明なチェルシーがもどってくる。
見聞してきたことを説明する。
コモンで堂々と会話している。フォイグンの民には理解できないと思ってだらだらと説明している。

|

反逆

チェルシー「忠誠心の高いのがきましたなー。」
トーエン「常に食事がまともにできる階級は、食事程度では動じないか。食べ物作戦は終了かな。」
11月5日
トーエン「綺麗な水も必要だな。」
市民が5人子供をつれて、どかどかとやってくる。
やり方を秘密にしたいレッシュとぐだぐだ話こんでいる。
親を遠ざけてぶつぶつ呪文を唱える。
トーエン「できるだけ樽をもってきてくれ~。」
誰に話をしているのか?よくわかりません。
警備兵は、まったく動こうとしません。
トーエン「ここの水は汚い。綺麗な水をいれる容器が必要なのだ。」
警備兵「ドラム缶ぐらいしかない。」しかし、錆がてんこ盛りである。
と持ってきたものに散々悪態をつく冒険者。
トーエン「今日の食料をここに集めてくれ~。」
警備兵 しぶしぶ皿にもった料理を12皿だしてくる。
レッシュがぶつぶつ呪文を唱える。料理の色が微妙にかわる。
警備兵が観察している。
その料理を子供たちは、元気に全部食べてしまう。
警備兵「お前らの食事を全部たべてしまったぞ。ったくー。」
トーエン「おうちにもどって、大きな鍋をもってきなさい。」
子供「むり~。」
トーエン「明日くる子供たちに薬を渡したいから、鍋をもってくるように伝えてくれ~。」
11月6日朝
また、5人子供たちがやってくる。
彼ら、水筒を持っている程度である。
革袋の水筒です。
トーエン ぶつぶつ文句を言う。
11月8日
最初にきていた警備兵は、死刑になったという噂を聞くことになる冒険者。
身の回りの世話をしている係から、そんな話を聞く。
世話係「巻き込まないでくれよなー。」
トーエン「どうやら~この国と手を結ぶことはないなー。」
レッシュ「上層部は全員抹殺だなー。」
食事を何も変わらない美味しくないものなので、まったく手をつけない。
屈強な警備兵は4レベル戦士であることが判明する。
チェルシー「撤退する。種だけまいてー。金龍もいないしー。」
トーエン「これだけ厳しくないとー。異世界を旅してまわることなんかできないんじゃ~ないかな。」
トーエン「殺された人たちは、全員?」
世話係「反逆罪ってことでー。家族ごと全員処刑されたらしいぞ。」
トーエン「じゃ~死刑だな。」
レッシュ「勲章ついている奴を全部処分ですかねー。」
トーエン「次の会議はいつかな。工場長に聞いてきてくれ。」
警備兵「それはわからん。ここから動くなという指示だ。」
トーエン「では勝手にいくぞ。」
警備兵「はて?」
トーエン 仕方なくだらだらしている。

|

兵士

トーエン「あばれちゃうぞ。」
民衆の目の前でうまそうに食らう。
チェルシー「おばちゃんのオートミールうまいねー。」
おばちゃん「いつもは、そんなことは言わないのに。」
トーエン「ハーブを使って香りのいいものを作ってよー。」
香りにつられて、警備兵が三人やってきます。
トーエン「あんなものを食っていると病気になるぞー。」
警備兵「これは子供たちに持っていけないか。容器はあるのでー。」
チェルシー「こっそり持って帰っていいぞ。」
タッパを抱えた警備兵がひとり、どこかに行ってしまう。
トーエン「君たちには食べさせたい人はいないのかい。」
警備兵は、ごにょごにょしている。
警備兵は顔があっちを向いているが手が動いている。
入れ代わり立ち代わり塀の中で警備兵が交代している。
警備兵内部で騒動があったようで、外周の紐をはずして、もっと大がかりな塀を造作しはじめる。
さらにバリケードを増やし始める。
トーエン「一度味わった無添加のうまみを忘れることはできないからな。(にやり)」
警備兵に料理をタッパにつめて、彼らはどんどんその場所を離れていく。
できあがった外周を取り囲む高い塀によって完全見えないような状況となる。
今までの警備兵と入れ代わりに屈強なまったく違う容姿の警備兵に入れ代わることになる。
屈強な警備兵は、料理にはまったく手をつけない。
制服にはまったく違う紋章がついていることに気がつく。

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »