« 粘液でろでろ | トップページ | テーブルは口を聞かないと思うよ »

雄叫び

トーエンは実体化して、突如として現れる。
トーエン「うちとったり~。」と雄叫びをあげる。
急に、静かになってしまう。
ほてほてと歩いて仲間に合流するトーエン。
落とし穴には偶然にも落ちなかったようだ。
緑、黒、透明の粘液は周囲に散在している。
トーエン「なんか~あっちの世界にあったから壊した。」
レッシュ「床がうねうねでうねうねしていてー。さらにうねっていた。」
床は今は動いていない。
チェルシー「調べてみますか~。」
トーエン「手遅れかな。」
レッシュ「魔法はあるが~どんどん弱くなってきている。」
トーエン「ちょっと休もう。」
休憩して、食事をすることにする。
残飯を投げつけると緑色の粘液はでろでろ落ちてくる。
エリー「減ってない。」
トーエン「松明に火をつけて、もやしちゃ~え~。」
火のついた松明をげしげし押しつける。そのうち火は消えてしまう。
回廊は奥行き45m程度である。
風の精霊を呼びつけ、無茶な要求をする。
精霊は困る。
とりあえず風の流れはできるが、そんなすごいことにはならない。
粘菌を乾かそういう魂胆だが、まったくうまくいかない。
チェルシー 火の槍がつっこむ
異臭がする。
チェルシー「あか~~ん。」
金属が腐食していることに気がつく。
トーエン いろいろ考えてみる。
風の精霊「もう時間なんでー。帰りますよー。」
レッシュ「延長なしかよー。」
風の精霊「ありません。」
風の精霊はその場を去り、あたりは静かになる。
レッシュ「結界を使って、破壊するか~。」
ぶつぶつ呪文を唱えてる。
旋回する巨大ハンマーが出現して、広間の石像をことごとく粉砕していく。
広間は、大きなトレンドミルとなり、石像の破片が巻き上げられて旋回し、ことごとくすりつぶしていく。
木片、骨、粘菌やら交じったものが回廊から吹き出してくる。
あわてて逃げ出す冒険者。
自分たちに被害がおよびそうになると呪文をとめる。
上着を脱いで、パンツ一枚で両手に石を持ち、広間につっこんでいくトーエン。
粘菌をひたすらなぐりつける。
粘菌は、細切れになっていくだけであった。
時間だけが流れていく。
木々を持ち込みなんとかしてみようとすると、木片が同化されて、逆に増えてしまう。
傍観しているほかの冒険者はがっかりする。
時間だけが流れていく。
傍観者には見せられない光景がえんえん続く。
トーエン つかれる。
量が多すぎて、がっかりする。
古代文字がいっぱい刻まれているが、まったく理解できない。
メモをとるが精一杯である。
逃げるようにもどってくる。
チェルシー「無理~だ。」

|

« 粘液でろでろ | トップページ | テーブルは口を聞かないと思うよ »

episode-4」カテゴリの記事