« 面倒なやつ | トップページ | 扉 »

信用

トーエン 扉の小窓をあける
扉ののぞき窓をあいて トーエンの瞳が見える。
トーエン「しばらく止まっているのでー。漁民をたすけといてー。」
言われて、空飛ぶ魔法の絨毯に乗るチェルシー、レッシュは、自在に飛び、下に降りていく。
チェルシーは網に飛び移り、なんとか捕まっている漁民たちを助けようとこころみる。
止まっているので開口部からなんとか出てくる漁民たち。
ゴーレムの頭の中では、
トーエン「今までの漁民はなんとかなるとして、これからも歩いていくの?」
向こうのバッグベアー「ま~そうだが~。」
トーエン「この先に町があるでしょう。そこも同じ感じで進んでいくの?」
向こうのバッグベアー「上陸なんか~しないよ。」
トーエン「上陸しなくても~漁民はあっちこっちにいるじゃん。」
向こうのバッグベアー「勝手に入ってくるのまでー。面倒見れないよ。」
トーエン「え~~~。それって無理な話だ。」
向こうのバッグベアー「え~~。もう人間住んでないだろー。漁民なんか~。無理だろ。」
トーエン「この先に町が一つある。周辺には漁民はいる。」
向こうのバッグベアー「一個しかないだろー。」
トーエン「この先に町があるってーことは大勢の人がいるってことでー。」
*この発言はおかしい 万人単位の都会は時代設定としておかしい。ゆえに修正する。
向こうのバッグベアー「浅瀬を通過すれば、巻き込む要素は多分にある。我らは深みにはまって水没することは避けないといけない。」
トーエン「これもコスースの関係?」
向こうのバッグベアー「コスースの巨大ゴーレムの偽物だよ。かなりいい感じに出来上がっているがね。」
トーエン「ガンガルとか、ザイックとか~。そっち?だから~扉あけろー。」
向こうのバッグベアー「も~。与太話はいいから~。勝手にでていけー。我らは、網をあげて、北に向かうから~。」
トーエン「北に何しに行くの?」
向こうのバッグベアー「人間がいない海域で網を下ろして、漁するんだよ。」
トーエン「そんなにいっぱい獲ってどうするの?」
向こうのバッグベアー「そりゃ~売るに決まっているだろー。氷の島に。」
トーエン「そんなところに人が住んでいるの?氷の島なんて聞いたことがないなー。」
向こうのバッグベアー「ま~前金で契約金をとりあえずもらっているからなー。」
トーエン「こんなに頼んでいるのに扉を開けないんだな。」
向こうのバッグベアー「人間は信用できない。」

|

« 面倒なやつ | トップページ | 扉 »

episode-4」カテゴリの記事