« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

会話

「なにか靄が動いてる。風なんかないのに。とても怪しい。」
魔法の効果を解除して、実体化するトーエン。
トーエン「よし、侵入者がいるんだな。扉を開けるんだ。」
扉「明らかに侵入者がいます。その命令は矛盾しているので開けることはできません。」
トーエン「風邪ひいただけだ。開けろ。」
扉「その命令にはしたがえません。文法が間違っています。」
トーエンの背後には全身毛で覆われたバックベアの一団が仁王立ちしています。注意 バックベアードではありません。
トーエン「百足だろうが、昆虫だろうが人間型サイズのものは幾らでもいる。」
トーエン 偉そうに振り向き、バックベアと対峙する。
バックベアの先鋒 メダルを取り出し、ブツブツ呟くがまったく効果がない。驚愕するバックベアたち。
バックベア「何にも効果がないなんてー。」
「自分で善人って言っていたのに、真っ赤 な嘘だったってことですよ。」
そのメダルと使い手ごとを取り上げるトーエン
怪力と邪悪な籠手でいきなり片手で持ち上げメダルを取り上げる。
トーエン「全員武器を捨て投降しろ。そうしないとこのメダルをこいつにむけるぜ。」
トーエンに背を向け相談を始めるバックベアたち。
「善からの防御の印が効かなかったぞ。」
「善人じゃないのか。」
「そもそも印が偽物とか」
「着ているものが全部邪悪だし。」
「邪悪からの防御なんて、我ら所持する理由がない。」
困惑するバックベア 結論はでない。
バッグベアーは、相手をするつもりは全くない。
とりあえず、魔法陣の効果があり、絶対の安心があるから。
バックベアは、挑発したり、変な顔をしているだけである。
トーエンは、無視してズカズカと入って行く。
しかし、先に進めなくなる。
アストラルシフトの魔法の指輪を使うが、それでも魔法陣を突破することはできない。
魔法陣の外にいるバッグベアーが一人いた。
実体化するトーエン。
トーエン「扉開けろ〜。」
バッグベアー「無理〜。」
トーエン「その理由を簡潔に述べよ。」
バッグベアー「カギ持ってないもん。」
トーエン「合い言葉を言え。カギはすでに開いて空いる。」
バッグベアー「いや〜だ〜。開けない。開けると人間が雪崩れ込んでルクんだろー。その手は食わない。」
トーエン「カギがあるなぱ〜合い言葉ぐらい教えてくれたっていいじゃ〜ないか〜。」
断固として、拒否するバッグベアー。
バッグベアー「人間なんか〜信用できない。」
トーエン「それは正しい。では、足からと指からとどっちがいいか。」
バッグベアー「どっちも嫌だ。」
トーエン「じゃ〜耳。」
バッグベアー「それって〜削ぐんだろー。だから〜人間は信用できない。」
トーエン「開けてくれたら`なにもしない。」
バッグベアー「開けた瞬間バッサリ切り捨てるんだろー。」
トーエン「やらない。」
バッグベアー「お前がやらなくても、他の奴がやるに決まってる。そして、嘘はついてないっていうんだろー。」
トーエン「やらないと言ったら本当にやらない。」
バッグベアー「信用できない。うちらの村はそれで信用できない。」
トーエン「それは正しい。うーむ。話がすすまん。冒険者の名前にかけて、冒険者の自由にかけてなにもしません。貴方には。彼奴らは協力的ではないし。」
注意 バックベアードとは違う それは漫画のネタだ
怪訝な顔をするバッグベアーたち。
トーエン「貴方には何もさせません。」
バッグベアーたちは、アイコンタクトと表情で会話しているような感じ。
トーエン「無事に地上に降ろします。その後の行動も自由です。」
バッグベアー「それでも人間は信用できない。降ろした後に悪即斬で切り捨てるに決まってる。」
トーエン「やらない。」
バッグベアー「お前がやらくても、誰かがやる。それが人間のやり口だ。」
トーエン「完全に知らない奴までは責任もてない。」
バッグベアー「切らないと言っても、ハンマーでどつくんだろー。それが人間だ。」
トーエン「少なくとも、その扉の向こうにいる奴にはやらせない。我らとは無縁の冒険者が突然介入してきても、我らは責任とれない。お城に突撃して攻撃されても、我らは関係ないのと同じ。」
バッグベアー「まともな論法だが、いやだ。」
トーエン「対価として、何がほしい?」
会話している二人を無視して、ちりんをだし、室内で魚を焼き始めるバッグベアーたち。
トーエン「お前のことを完璧に見捨ててるぞ。大丈夫か?」
バッグベアー「そんなこと言われてもさー。」
焼き魚を食いながら、二人を凝視しているバッグベアーたち。
煙で目が痛いトーエン。焼き魚の煙でもくもく状態である。
トーエン「パーティ分断にも限界なので〜扉開けてくれ〜。」
向こうのバッグベアー「お前ら話が長い。嫌だ〜。開けたって意味がない。」
トーエン「意味がないなら〜開けてくれよ〜。」
向こうのバッグベアー「開けた瞬間に突入してくるだろー。だから、嫌だ。」
トーエン「でも君には何もさせないぞ。」
向こうのバッグベアー「我らを分断しようとしている。どうせ乗っ取りを仕掛けてくるのは目に見えている。」
トーエン「こんな突然爆発するようなカラクリはダメだってー。」
向こうのバッグベアー「そりゃ〜制御を間違えれば、暴走するし爆発することもある。」
トーエン「乗っ取ったって意味がないじゃん。」
向こうのバッグベアー「乗っ取られたら爆破するしかない。」
バッグベアー「不毛な会話だな。」

|

チェルシー「これからどこに行くの?」
「どこかで見たことあるやつだ!」
トーエン「私有名人なので~。」
爆笑する冒険者
「ゴルビーだっけ。ゴルバップだっけ。」
トーエン「それは、違う人です。」
チェルシー「よく似ているって言われますよね。」
トーエン「それは、私の先輩です。」
「ドロウのいけすかねー服着てるしさー。なんか変だぞ。」
トーエン「これ、丈夫でいいんですよ。」
チェルシー「流行ってるんです。」
「それって衣料品店売ってもんじゃーないし。」
トーエン「これを奪って着ているって正義の証です。」
「えーーーー。」
その発言には全くもって賛同できないという反応です。
トーエン「ドロウは、この甲冑を貸す訳がないじゃーないですか。殺して略奪しないと。」
「えードロウじゃないのー。変装してるんじゃーないのー。」
トーエン「ドロウではない。」きっぱり
チェルシー「ドロウであれば、どれだけ楽かと思う時はあるが、ドロウではない。残念ながら人間です。」
「騙されないぞ~~。」
いきなり覗き窓を閉めてしまう。
再び動き始める巨大ゴーレム。
冒険者の眼下では人間の悲鳴が響き渡る。
レッシュ「素直になってくれないと壊しちゃうぞー。」
北に向かって進み始めるゴーレム。
チェルシー「彼らはとりあえず、ドロウの陣営ではないことが理解できたな。」
ゴーレムは網に溜まったゴミを取り出すために、網を緩め、ゴミをだし網を持ち替えています。その合間に網につかまっていた漁民は何人かにげだすことができたようです。
トーエン「おいおい。耳を聞け。ちょっと眼下の網に捕まっている漁民を助けるから、ちょっと停まれ。」
漁民のことは、まったく感知しないゴーレムは網を揺すっています。
トーエン「そんなんじゃー漁民が死んじゃう。停まれー。」
ゴーレムは、網をほどき、ゴミ取り出そうとゴソゴソやっている。
網を巻き込まれた石や舟放り出している。その中には漁民も放り投げられているものもいるようです。
それを見て、空飛ぶ絨毯をその場所に向かわせて、なんとか漁民を一人は助けるトーエン。漁民に引き渡すが、いろいろいわれるけど、限度がある言い切る。
トーエン「認定 悪だな。」
レッシュ「そうだよなー。」
やる気満々のレッシュは、ぶつぶつ呪文を唱える。
何度も唱えるが何も効果がでない。
トーエン「操縦中は開かないと言っているから、合言葉をちゃんと言っても開かないんじゃないかな。」
再びゴーレムの後ろ頭付近にまで戻る冒険者を乗せた空飛ぶ魔法の絨毯。
扉に躙り寄るレッシュ。
「近い近い近い。」突然連呼する扉の唇。
侵入する為の隙間は皆無だ。
果物ナイフを覗き窓の隙間に突き立てるレッシュ。
2mm程度の隙間はできたようだ。
レッシュ「こんなに必死に隙間つくらなくても、トーエン自力でなんとかできるじゃん。」
トーエン「うん。」
トーエン アストラルシフトの魔法の指輪を取り出し念じると白い霞のような姿に変わってしまう。明るい昼間に変異するとその姿を確認することは、大変難しい。
トーエンは入り口をすり抜けてゴーレムの中へと入っていく。
扉の向こう側にて、扉を開ける方法はないものかと検分している。
トーエン 床には魔法陣が細かく描かれていることに気がつく。さらに
「なにかいる。やばいよ。やばいよ。やばいよ。」
と突然 扉が喋り出します。

|

亜人

チェルシーは、巨大ゴーレムの後ろ頭にある扉に駆け寄り開けようと試みる。
鍵がかかっている。色々やってみるが、開かない。
チェルシー「この魔法の鍵を使ってみよう。」
懐から、魔法の鍵を取り出す。
扉の鍵穴にしっかりとはまる。
突然扉の中央 に唇が出現し、喋り出す。
「合言葉を言え。」
固まる冒険者達。
「二段階 認証方式だ。」
トーエン「ヒント?!」
「え~」とつぶやく扉
「そんなものは、ないぞ~~。」
扉に出現した唇の隣には、今度は耳の造形が現れます。
レッシュ「聴くための耳が現れたぞ。」
トーエン「なにかー ないんか~。」
レッシュ「植物との会話ならできるけどー。」
トーエン「本当だなー。」
レッシュ「嘘です。ごめんなさいー。」
チェルシー「ちなみに人の名前でも呼んでみます?」
トーエン「ノーヒットでは、答えは出てこないですよ。」
「操縦中は、開きません。てへ。」
トーエン「じゃー、合言葉なんか~いらねーじゃないかーかw。」
普通の扉 に戻ろうとする口と耳
トーエン「待て待て待て~い。コスース」と絶叫する。
「何ようですかな。」
トーエン「コスースのところにあった物は、爆発してもう跡形もないのに、此れはちゃんと動いているしー。漁民を助けに来ました。」
「言っている意味がわかりません。」
トーエン「今この場いる人間ではないな。役目を守るためだけに存在するんだろう。」
「そうです。」
トーエン「じゃー、開け」
「いやですー。」
トーエン「じゃー中の人を呼んで。」
「現在、取り込み中ですので、お繋ぎすることができません。休憩中にしてください。」
トーエン「休憩はいつとるのか?」
「食事を取る時です。」
トーエン「それは、いつ?」
レッシュ「まどろっこしいなー。壊していいかな。」
チェルシー「ここは、紳士的に。」
トーエン「食事をだすから、取りに来てと中の人に伝えてくれ。たまには、出来立てほかほかもいいものだよ。」
「少々お待ちを。」
チェルシー「これってマジックアイテムか使い魔のようなものなんですかね。」
しばらくすると巨大ゴーレムの進行は止まる。
トーエン「おばちゃんー。なんか焼いて~。」
絶句する賄いのおばちゃん
トーエン「できれば、スコーンと紅茶。」
おばちゃん「紅茶ならあるけど。あービスケットならあるよ。」
チェルシー「丁度いい食事にしようか。」
冒険者の眼下では漁民たちの必死な声が聞こえてきます。
助けを求める声に罵声とかまーいろいろです。
漁民「網が切れない」(悲鳴)
鉄製の網ゆえに人力ではなかなか切断することは難しいようだ。
網目は大きいが、人間通り抜けられるぐらいの大きさではない。
チェルシー「なんと環境にやさしい。」
暫くすると、扉の上の一部が開く。ほんとに小窓がちょっと開く。
覗き窓程度である。冒険者には両目の目ぐらいしか見えない。
トーエン「とりあえず、食事ができるまでお待ちください。」
「なんでこんな高みに人間がいるんだ?」って目をしている。
レッシュ「なにか、亜人のようだな。見たことがないなー。」
トーエン「伝言聞いたでしょ。」
「えーー。」
という反応。心証はあまりよくないようだ。
トーエン「コスースのところで、これ運転してさ~懐かしくなちゃってさ。」
レッシュ「話があるから、ここまで出てきてくださいよ。」

|

巨大ゴーレム

ファラカンの元から出発する冒険者
トーエン「北の金龍はあてにしていないしー。次の町にまでいくか~。街道沿いにいくと人がぐらいいるだろう。」
エリー「街道沿いにいくとなると26日はかかるかと。直線だと14日ぐらいかと。」
レッシュ 絶句。
チェルシー「これから、寒くなるし。すこしでも早くいかないとー。」
冒険者は街道沿いにいくといいながら、突然転進をする。
いきなり、山を越えて、空飛ぶ魔法の絨毯をつかって空の高みを突き進むことにする冒険者。
風と当然冷たく 真北に向かって進むことにする。
9/30 山の中ほどから海峡の方角を見ると巨人らしきものが海の中を進んでいるのを見かける。
興味をもった冒険者は、接触すべく、急遽進路をかえて、山を慌てて降りることにする。
二日後には合流できるような感じで空飛ぶ魔法の絨毯で進むことにする冒険者。

空飛ぶ魔法の絨毯は、そんなに早く移動できるものではない。
トーエン「でかい。でかすぎる。クラスが違いすぎる。」
その巨人 海上に出ている上半身だけでも50mの高さはあろうかというものである。
エリー「このまえ、なんとかの島で遭遇したでしょう。」
近くまでくるとわかるが、漁民のちょっとした集団がその巨人に無謀な戦いを挑んでいるのがみえる。まったく、勝負になっているわけではない。漁民は、小さな小船で向かうも巨人の立てる波によって枯葉のように舞ってしまってまったく近づくこともできない。
近づけたとしても、なにもできるわけではない。
巨人は、鉄製の大きな網を担ぎ底引きの網を引いているようだ。
それは巨人の網の構成するひとつが大きな鉄の棒が大きく人間の素手でどうこうできるものではないからである。その網の中には、小船や大型魚が捕まっている。
チェルシー「定置網でも巻き込んだか。」
トーエン「よく戦おうなんって思ってるよなー。」
巨人が引きずる網の中か人間の悲鳴も聞こえてくるのである。
レッシュ「漁民の集落ごとかっさらったのか。」
エリー「漁をしているときに船か網ごと巻き込まれたってどうして思えないんですか~。」
トーエン「巨人さん。」
チェルシー「待ち給えー。」
巨人の顔の正面あたりをうろうろするも、瞳は真っ黒でどこかで見たことのある風貌である。
すべては、土くれや岩石の塊の体である。
トーエン「コスースの島で見た巨大ゴーレムだ。それも動いている。誰かが操縦しているはず。」
レッシュ「魔法で全部輝いている!後ろ頭に扉があるようだ。」
チェルシー「魔法の絨毯でシュシュっといきますかー。」
魔法の空飛ぶ絨毯を酷使して、巨大ゴーレムの後ろ頭にむかう。
トーエン「おはようございます。」
金属の扉がある。開けようとして、まったく動かない。
トーエンは、無理矢理開けようとするも、扉は開かない。

|

宿泊

宿屋をみつけて、なんとか入ろうとするも
かなりどたばたしている。ここ最近、客が皆無で準備とか、なにもしていなかったようだ。
5人とめて~と言われて民宿はどたばたしている。
トーエン「ひょっとして~定員二人とか~。じゃないよねー。」
待っているとやっと家に入れます。
トーエン「迷惑かけたので~料金の倍は払いましょう。」
店主「そんな~こと言ってもお茶しかでないよー。素泊まりしかもう無理。厨房とか使ってくれる分にはかまわんから~。」
チェルシー「じゃ~ここでパイを焼こう。」
おばちゃん「この区画にあるゴミとかいいかげん処分しないと~。」
雑用をして、盾の中の秘密の小部屋からでてくるおばちゃん。
どたばた掃除している。
トーエン「引退しますか?」
おばちゃん「それなら、都会がいい。田舎はいろいろと大変だ。」
店主「え~~~。」
チェルシー「これからもっと田舎に向かうので~無理。もうしばらくつきあってもらいましょう。」
おばちゃん「以前って山の中じゃ~なかったっけー。このパイはどうするの?」
トーエン「じゃ~明日、ファラカンに届けよう。」
ニシンの干物を焼いて、晩飯にする。
トーエン「ブイヤベースにしよう。」
朝になり、ファラカンに焼き菓子を持参して、
チェルシー「アップルパイだ~。」
ファラカン「う・ま・い・ぞー。」
9/26の朝で次回に続く。

|

さらに買い物

トーエン「魚は売ってないんですねー。」
ファラカン「いや~あきるほどあるのでー。売るもんじゃない。買うやつはいないしー。」
トーエン「魚は食べるものがないときにたべるもんだ~。」
レッシュ「ロブスターが食いたい。」
ファラカン「自分でいけ~。」と相手にされない。
トーエン「甲殻類は日持ちしないー。魚を釣ってくるから~干物にしよう。手伝って~。」
まかないのおばちゃんからブーイング。
レッシュ 釣りに出かけていく。
ファラカンは茫然と見ている。
ファラカン「子供に読み書きを教えているとー。報酬が全部生魚でねー。もう魚はみたくない~。」
チェルシー「え~。じゃ~港にいったら~漁師がいるんじゃ~ないですか~。」
レッシュ「なんだってー。」
トーエン「じゃ~また~。今度来るときは手土産をもってくるよー。多分覚えてないけどー。」
ファラカン「焼き菓子がくいたいー。」
牧場を探して、バターやらを買いに出かけるトーエン。
トーエン「バターを調達してきたから~。クッキーを焼いてくれ~。よろしく。」
無理難題でぶつぶつゆーとるまかないのおばちゃん。
まかないおばちゃん「砂糖がないよー。」
砂糖やたまごの調達で四苦八苦する。
ピート 砂糖大根から砂糖を生成するのでひと悶着おきる。
まかないのおばちゃん「砂糖大根から砂糖を煮詰めてつくるって~熱いちょ~大変なんだよー。」
トーエンと言い合いになる。
てんさい糖は2時間程度できるが、そんなに甘くない。
レッシュ 港に行ってみる。干したニシンぐらいは手に入る。
材料を集めたが、何をするのかぐだぐだとファラカンの棟の近くでうだうだ話こんでいる冒険者。
トーエン「秋のパイをつくって~。」
おばちゃん「梨、リンゴ、カボチャとか~。」
トーエン「エリー花嫁修業だと思って手伝え~。」
エリー 絶句。
おばちゃん「小麦粉と水混ぜてこねこねする。出来合った生地を休ませてから、生地をたたいて伸ばして
バターを加えて、バターが解ける前に畳んで伸ばしてを繰り返す。いいねー。」
どたばたしている。

|

買い物

ファラカン「とえあえずは、平和だよ。基本自給自足だしー。」
レッシュ「金龍を最近、見かけてませんか?」
ファラカン「度重なる戦争が終わってからというもの、とんと見ないね。」
レッシュ「動く死体が蹂躙したとか~。国が滅んだとかありましたよね。」
ファラカン「それは城壁の向こう側の話だな。バクトリアが完全消滅してからというしもの静かなもんだ。」
トーエン「静かならばいいのだがー。最近、またドロウ・エルフが二匹ほど暗躍していろいろと騒動を起こす準備をしているようだし。」
レッシュ「静かな時ほど気を付けよう。」
ファラカン「そうそう。万病に効くという薬をかわないかって業者がきたのだが~。胡散臭そうなので、追い返した。」
チェルシー「怪しいな~。」
ファラカン「黄色と赤い飲み薬の二種類だったな。」
チェルシー「病気になることもないし、死ぬこともない。」
ファラカン「そう。そんな感じの片口だったな。」
チェルシー「それって~死んでるじゃん。ってことなにる。」
絶句するファラカン。
ファラカン「なんでも~噂によるとその薬 夜に光っていたという噂だしー。危ない。あぶない。人相の悪い悪徳商人って感じだったしー。追い返した。」
レッシュ「ドロウは、そこまで直接的な行動をするかな~。」
トーエン「買った人はいるの?」
ファラカン「ここでは買ったやつはいないよ。田舎だしー。よそ者の言うことははそうですか~。とはいかない。」
ここでの食料の調達の話になる。
パン屋とソーセージ屋も廃業したという話をきく。
なんでも、冒険者の一団がやってきて、みんな自家製のこだわりのパンやソーセージを自宅でつくるのが流行って以後、粉ひき業者と香辛料の店になったとか。
納得するトーエンであった。
トーエン「干し肉が欲しければ、自分で干せばいいじゃない。ってことですね。」
ファラカン「だから~岩塩と香辛料の値段がもっとあがってねー。大変なんだよー。さらにいつもの業者が南からとんとこなくなったのも原因なんだがな~。」
トーエン「ところで岩塩の採掘はどこでやっているのか知ってる?」
ファラカン「それは知らない。」
トーエン「それは秘密ということか~。周知の事実になれば、商人は困ってしまうか。ふむ。そうそうマラクラには気を付けてください。あとはドロウエルフとか。」
ファラカン「そもそもドロウエルフって何?」
トーエン「こんな服装のやつです。」と己を指さす。
驚愕するファラカン
トーエン「ドロウは、人間に憑依して体を乗っ取り入れ替わる魔法をよく使います。本人であって本人じゃないなんてこともあるからです。どんな人も怪しいは思ったほうがいいです。」
ファラカン「じゃ~怪しい奴だ~。」
トーエン「それぐらいの思いでいたほうがいいと思いますよ。」と淡々と説明する。
ファラカン「疑心暗鬼になりそうだな。」
トーエン「金龍みなかった。」
ファラカン「見てないって~。」
トーエン「じゃ~俺たちは金龍を探しに行くよー。」
ファラカンは、ベーコンを雑談の間にもあぶっている。
トーエン「今のうちに穀物を調達しないとなー。なんとか~なりませんかー。」
ファラカン「買占めじゃ~なくてー。三樽程度なら~もめないと思うが。」
レッシュ「道道途中で調達していけば~いいんじゃ~ないかな。」
ファラカン「樽は肉の塩漬けだよ。生肉はないけど。鶏や兎なら売ってくれると思うが。じゃがいもや麦ならばあるよ。当然製粉前ね。」
まかないのおばちゃん「製粉はできないよ。」
ファラカン「一日で製粉なんか~できないよー。順番だってあるしー。製粉した小麦なんか~高いよー。」
チェルシー「お金を払うの我々ですしー。」
トーエン「その言動、昔の自分たちをみるようだ。」
ファラカン「感覚がおかしいんですってー。金貨5枚ですよ。」
トーエン「じゃ~肉の塩漬け三樽と製粉小麦一袋と小麦を三袋を購入しよう。」
あきれるファラカン。
農家に北に向かうので、食料がそれなりに必要と納得させる。
トーエン「ワインを二樽ほど購入したい。」
樽が5樽に袋が4つ

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »