« 帰還 | トップページ | 買い物 »

平和

祠のある小屋の地下室に帰還する冒険者たち。
9月20日 夜
こっそり出て、周囲を伺う。
金龍を探しにいくのか。
9/22の夜 祠地下の祭壇に戻ってくる冒険者たち。
夜だが、あたりを見回すと住居の数は倍に増えているような感じ。
しかし、情報がない。困ってしまう冒険者たち。
あてどもなく北上するのもいいかなという議論になる。
食料品の補給を考えないといけない状況。
ゲルスの廃墟、旧トーエンビレッジにいると難民が食料をもとめてくるので、そそくさとこの場所を離れることにする。
空飛ぶ魔法の絨毯で、北西に向かうことにする冒険者。
湾を飛び越えて、途中釣りでもしつつ国境の城砦に向かうことにする。
9月25日は鄙びた塔のある漁村に着く。
塔には歓迎トーエン一行様の垂幕がかかっている。
トーエン「ここにきたのは久しぶり~。世話になった魔法使いがいたはずだが~。」
チェルシー「以前ここにきたときには、樽で食料をおいていきましたよね。」
レッシュ「いつも~最近、樽で食料をおいていくのでー。よくわからん。」
塔の窓から、手を振る魔法使いが一人。
トーエン「思い出せない。」
レッシュ「ファラカンひさしぶり~。」
ファラカンは、ひさしぶり~。を連呼するも、レッシュは今一つ思い出せない。
トーエン「知っていると思うが、トロンヘムでいろいろあったからね。」
ファラカンは、怪訝な顔をする。
ファラカン「トロンヘムからの来訪者がまったくこなくなったしー。」
トーエン「それは、滅んでいるからね。」
絶句するファラカン。
ファラカンは、まったく認めない。
ファラカン「最近、まったく静かなもので、紛争とは無縁だしー。壁の向こうからは何もこないよ。
トーエン「トロンヘムは、津波に襲われて滅んでしまった。王はさっさと逃げ出してしまった。」
ファラカン「いやいや。この前、王から税金を納めろという訳の分からない書状がきたが~。いつものとまったく違うので放置している。王がいるから書状がでているのであろう。書状の真贋」
レッシュ「それは、いつの話で。」
ファラカン「それは最近の話だよ。書状だけだ。」
チェルシー「それは偽物かもしれない。」
レッシュ「王国を再興させるために資金を集めようとしているのかもしれない。」
トーエン「ばれないうちに、税金を集めようとしているのでしょう。」
絶句するファラカン。
チェルシー「年金受給者が死んでいるのに、申告しないでそのままお金をもらい続けるという感じ?」
ファラカン 食事の支度をはじめる。
白身魚と芋の揚げ物と山盛りでてくる。
食事をしつつ、ぐだぐだしている。
チェルシー「平和はイイヨネー。」

|

« 帰還 | トップページ | 買い物 »

episode-4」カテゴリの記事