« ふーん | トップページ | どこ? »

面倒

トーエン「自分で麗しの~っていうですよー。自分で、言ってちゃ~だめじゃ~ん。そういうわけでー。逃げるならばーさっさと逃げたほうがいいですしー。」
チェルシー「彼らに本格的に狙われる前に。」
トーエン「基本的に攻めてきているのはドロウエルフなわけです。何か恨みでもかっているのでしょうか?」
チェルシー「狙われてしかるべき理由があるとか。」
トーエン「メンゾベランザンの場所を知っているとか。」
フィドネー「その場所は、知らぬ。さとりとてとある渓谷に入り口はあったはずだが~。どこかの冒険者がすべてを破壊したという話しか知らぬ。」
トーエン「奴らは、それなのにー。どこからからかうじゃうじゃと出てくる。わからん。」
フィドネー「それは、他にも通路はあるのではないかな。」
トーエン「では、探すしかないのか。」
フィドネー「メンゾベランザンには、奈落への門があるのではないか?憶測にすぎないが~。」
レッシュ「それは遠回りですなー。」
フィドネー「奈落には、邪神ロルスの本拠地がある。そこに眷属たるドロウがいてもおかしいことはない。」
レッシュ「煉獄?」
フィドネー「いや。煉獄に一番近い奈落の最上部の領域だ。風の王の所領のことである。」
レッシュ「そこに赴くの簡単?」
フィドネー「地上の世界がまずある。その真下には煉獄がある。その下にはいろいろな世界があるわけだが、その一つに奈落がある。奈落には、無限に続く階層構造になっている。最上部には風の王の本拠地があるということだ。六百何十階にはその邪神ロルスの宮殿があるという。
一つづつあがってくれば、地上にもどってくるこはできるだろう。」
トーエン「どんだけー時間がかかるんですか~。」
フィドネー「その本拠地と風の王の本拠地を繋ぐ近道があるという。百万の門のある都には、いろいろなところを繋げる門があるという。」
レッシュ「そこしか行けないエレベーターみたいなもの?」
フィドネー「ふむ。風の王が治める都には、それがあちらちこちらにあるという。ゆえにそこを使えば、行き来することはできるだろう。
かの領域は、ロルスの信徒には、生きやすい世界だろう。苦痛があっても神が喜ぶのだから、信者としては至福があろう。」
レッシュ「その道を我等はが使うことは無理ってことやね。」
トーエン「どれだけ息をとめることができるか?ってことだね。」
フィドネー「さらに、常人が存在するだけで、毒にやられていく。それだけ危険な領域ということだ。」
トーエン「我等にはめるぬる蛙の皮のつなぎとリジェイネーションの魔法の指輪がある。」
フィドネー「それでも空気すら毒の領域では無理であろう。」
トーエン「魔法の指輪があっても、傷の治癒が無理になるということか~。」
フィドネー「神の加護は遠のき、魔法とて相手にされない地ぞ。」
トーエン「メンゾベランザンはあきらめるか~。」
レッシュ「現実的ではないなー。」
トーエン「ロルスと貴方ではどちらが強いですか~。」
フィドネー「我は、神ではない。」
トーエン「え~~~。でもふつーのエルフにも見えませんが~。」
チェルシー「てっきり女神だと思っていました。」
フィドネー「高位ではあるが、神ではない。」
トーエン「残り二匹の金龍は友好的ですか?」
フィドネー「善なる行いをすれば、友好的であろう。」
トーエン「なんか~仕事しているのですか?」
レッシュ「半島か岬の魔法王国の姫君のところにもいたよね。」
フィドネー「あそこは青龍がいたはずだが。火の国には赤龍がいたしー。」
トーエン「青龍が侵略したとか~。」
フィドネー「青龍が市民にまぎれていて、一騒動やらかしたとか~。」
レッシュ「面倒くさいー。」

|

« ふーん | トップページ | どこ? »

episode-4」カテゴリの記事