« 拒否 | トップページ | 赤箱D&Dガイド »

説得

外周の通りから山側の地域に牧場の牛や羊が放牧している光景を確認することができる。
牧童がいないかと見て回るが、牧羊犬5匹と子供一人を発見する。
レッシュ 上空から声をかける。
牧羊犬は寄ってたかって吠えている。
子供は驚き、走って逃げていく。
あきらめてしまうレッシュ。
チェルシー「犬を懐柔することはできないのか?」
レッシュ「明日になればできる。」
トーエン「それは、できないってことだろ。」
だらだらと話し込んでいると、銀の兵士が外周通りからやってくるのが見えます。
チェルシー「どこにでもいますねー。」
*島を守るために随所に配備されているので、起動すればやってきます。
レッシュ「子供を追いかけるか?尾行するか?」
高度をあげて、空の高みから空飛ぶ魔法の絨毯で尾行することにする。
斜面の牧草地から、外周の通りあたりまでくると、ぱらぱらと住居が散在していることに気がつく冒険者たち。
子供は慌てて、そのうちの一つの住居に入っていく。
トーエン そのあとをつけて、絨毯ごと突入しようとする。
エリー 「もうむくゃくちゃ~だ。」
絨毯 いきなり水平に飛んでいたのを扉を通過するために突然 地面に対して垂直になる。
わかっていてやっているトーエンはしがみ付くが、エリー、チェルシー、レッシュは地面に転がり落ちる。
エリー、チェルシー、レッシュは何事もなかったかのように立ち上がり、泥を払いすたすたと家に入っていこうとする。
いきなり扉がしまって、入っていない。
*絨毯の高度は地上すれすれまで下りてきているので、ダメージは皆無だ。
家の中には、エルフの両親と子供がいて、驚き固まっている。
両親の陰に子供は隠れる。
エルフの父親は手近にある棒を持ち出してくる。
トーエン「私が勝つので、戦いはやめませんか?」
エルフ父「でてけ~。」
トーエン「私が勝つので、戦いはやめませんか?」
エルフ父「でてけ~。」
トーエン 剣をいきなり抜く
エルフ父の顔がこわばる。
トーエン 自分の脇腹をスパッと切る。血が噴き出る。
周囲は血が噴き出した結果、血だらけになる。とても痛い。顔がゆがむトーエン。
エルフ 「何するんだ~。」
トーエン「リジェイネーションリングであっという間に直っていくんですよー。」
とても痛く、失血してふらふらになっていく。空威張りである。
すぐには傷が閉まるわけではないので、だらだらと血が出続けている。
じわじわと傷が閉じていく。
トーエン「私が勝つので、戦いはやめないか?」
エルフ父「でてけ~。」
トーエン さらに左腕を切り落とす
鮮血がほとばしり、左腕が床に落ち、転がる。。
血だらけになる。とても痛い。顔がゆがむトーエン。
とても痛く、失血してふらふらになっていく。空威張りである。
すぐには傷が閉まるわけではないので、だらだらと血が出続けている。
エルフ父 驚愕
エルフ母と子供の悲鳴が響く。
トーエン 落ちた腕を拾い上げ、慌ててくっつけようとする。
傷口がうねうねして、そのうちくっつくまで時間はかかる。その間激痛が走っている。
失血してふらふらにしている。空威張りである。
顔色は血の気があまりない。青白いのである。
くっつくと腕をいきなり振り回す。
トーエン「私が絶対に勝つので、戦うのはやめないか~。」

|

« 拒否 | トップページ | 赤箱D&Dガイド »

episode-4」カテゴリの記事