« まだ補給 | トップページ | 動向レビュー:図書館で「ゲーム」を行なう / 井上奈智 »

雷雲

雷雲襲来
もくもくと湧き上がる黒雲
積乱雲ではなく回転もしていない。
時々走る稲光は目のようにも見える
トーエン「雷帝さん。久しぶり。」
とまったく動じない。
びびる船長ノーマン。
黒雲は、徐々に人形になっていく。
右手には、おおきな一直線に伸びる稲妻が槍のように輝いている。
ペコペコしているトーエンたち。
びびる船長ノーマンは、固まっている。
なにも動くことはできない。
ノーム「雷直撃だとこの船でももたないよー。真っ二つに折れるかも。」
レッシュ「もろいな。」
ノーム「頑丈に見えるかもしれないが、中身はほとんど気体をいれる入れ物だし。」
トーエン「まだ死にたくないですー。エルフの島にいきたいんでー。横通ってもいいでしょうか?」
雷帝「ふむ。勝手にすればよいー。」
あまり、興味を示していない。
トーエン「急いでいきますんでー。」
と挨拶をして、硬直しているノームの船員を急かせて、なんとかその場を去るように急がせるのであった。
トーエン「ところでー金龍を見ませんでしたか?」
雷帝「ここにあらず!北のほうだな。」
嫌な顔をしている船長ノーマン。
トーエン「たくさんいるのですか?」
雷帝「いや。もう数は多いわけではない。」
トーエン「トロンヘムにいた金龍ですか?それとも一般的な話?」
雷帝「モータルの細かい話はよくわからん。そうそうエルフを怒らすことはするな。モータルは先々のことを考えず行動する。後々面倒なことはするとエルフと違って時間がないからな。まずは考えよ。」
レッシュ「あのーもちょっと分かりやすく話をしてほしいです。」
雷帝「エルフは地上を離れようとしておるからな。」
レッシュ「なぜです?」
雷帝「そんなことはしらぬ!」
絶句する一同。
いやでいやでしょうがないノームたち。
トーエン「たぶん、人間とかかわるのがいやになったとか~。じゃないかな。」
と仲間うちでだらだらと相談していると積乱雲の塊は去っていく。
ノーム「よかった~。」
チェルシー「この船に雷は落ちないから、先へすすもう。」と無責任にいいはなつ。
口からでまかせである。
レッシュ「雷帝が去ったから大丈夫だ~。」
ドヨーンとしていたノームの雰囲気は持ち直した。
トーエン「当たらないから~進め!進め!」

|

« まだ補給 | トップページ | 動向レビュー:図書館で「ゲーム」を行なう / 井上奈智 »

episode-4」カテゴリの記事