« 反省 | トップページ | 価格 »

酷使

レッシュ「ジャガイモにベーコンは?」
おばちゃん「もう、オートミールしかないよー。」
レッシュ「え!補充しないとー。」
おばちゃん「なにをいまさら~。まったく補充ないしー。もう。」
とノームそっちのっけで不満爆発である。
ノーム船員たじたじ。
レッシュ「忘れていた~。あははははは。」
おばちゃん「そんなこっちゃ~ないよー。まったくー。」
ノーム「この界隈に人が住んでいる集落なんか~。ないよー。」
トーエン「じゃ~エールを一樽もってきてー。」
ノーム「言っている意味がまったく~理解できませんが~。」
トーエン「精霊を使役して冷やしてあげましょー。と言っているんですよ。」
チェルシー「水のほうがいいんじゃ~い。」
レッシュ「水のほうが高いしー。」
トーエン「葡萄酒あるよねー。」
おばちゃん「買ってもらった記憶がないんだが~。」
レッシュ「樽で買ったよー。」
おばちゃん「これが最後の一樽だけは残っているよー。」
チェルシー「在庫管理はエリーにまかせよー。」
おばちゃん「後入れ~先出しーなんだしー。」
トーエン「食べ物ならーまだいい。聖戦士いれてー放置して、逆恨みされてますからー。」
おばちゃん(^-^;
トーエン「どうってことないですから~。」
仲間うちでだらだらと相談している。
暇を持て余しているノームたち。
レッシュ「氷をいれてくるくる回すとか~。」
チェルシー「氷がない。」
いきなり精霊を呼びつける。
トーエン「水を冷やしたいんだが~。」
精霊「海のそこまで持っていけば、ちょっとは冷たいかと。」
トーエン「そんなことしたら、あまりに下だと瓶が割れるじゃないか~。」
精霊「そんなことを言われても、その程度しか思いつかないよ。」
トーエン「海の底に樽もっていって冷えたなと思ったら~。あがってきてー。」
だらだら話をしている人間を放置して、短パンに胸毛、すね毛もじゃもじゃの毛深いノームがだらだらしている。
チェルシー「そよ風がいいんじゃ~ないー。」
トーエン「そうだ~海の底の海水をもってきてください。」
精霊「もってくる間にほかのと混じってしまうけどー。」
トーエン「そこは混ざらんようにいいがにしてー。」
精霊「入れ物も用意しないでー。むちゃをいうなー。大きな盥かなにかを用意していただかないとー。無理だ。」
トーエン「大きな寸胴があったな。水筒にワインをいれて、その水筒を寸胴にいれて水を溢れるまでいれて蓋をするから、冷えるまで海の底にいろ。」
精霊「エライ横柄な人間だなー。」とぶつぶつ文句を言い出す。
トーエン「水の精霊ならーふつー。美女と相場きまっているではないか~。」
精霊「いやいや~ふつー水の塊だってー。」
トーエン「水着の美女の予定だったのにー。これじゃ~視聴者が満足しないよー。」
精霊「へんなもの読みすぎです。だいたい水着なんて今の時代存在しないしー。」
*『ダーリン・イン・ザ・フランキス』7話にトーエンは洗脳されているようだ。
チェルシーが精霊を説得して、海底に行かせる。

|

« 反省 | トップページ | 価格 »

episode-4」カテゴリの記事