« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

金龍がいないー

そのころ、オーク達は荷物をたたんで、全部のテントやら野営する材料をもって、ゆっくりゆっくり山道を進んでいくのであった。
オークは、まったくわかっていない。
6日後には、崖の上に立つ城を発見する冒険者達。
斧や槌のマークをあしらった旗が尖塔の傍らにはためいている。
上空からいきなり城の中へと降り立つ冒険者たち。
ドワーフ「お~人間だ。めずらしい。」
なんだなんだとドワーフ達が集まってくる。
ドワーフ「なんか~こうてくれら~。鍋とか金属製品ならいろいろあるぞ。剣は高いぞ。」
トーエン よく切れる魔法の剣を取り出し。
トーエン「間に合っている。」
と見栄をきる。
ドワーフ ひそひそと邪悪じゃないかと小声で話をはじめる。
薄着だし,黒い変な邪悪な服をきているし~みたいな会話がある。
チェルシー「交渉は交代だ。部が悪い。」
トーエンとレッシュが交代する。
レッシュ オリハルコンのバンデッドメールを着用しているわけだが
ドワーフ「なんかエルフっぽい雰囲気がするなー。」
ドワーフ「変な油の匂いもする。」
ドワーフ「これは人間でもないぞ。」
レッシュの甲冑だけで盛り上がるドワーフ達。
ドワーフ「上等な銀の食器セットこうてくれー。銀のスプーン安くしとくぞー。」と営業アプローチ。
ちょっと考えてい るトーエン。
まかないのおばちゃんを連れ出してくる。
トーエン「どうです。この食器。」
おばちゃん「熱がよく伝わる銅の鍋で充分。」
トーエン「食器どうですー。」
興味津々のドワーフ。
おばちゃん「あったらいいけどー。お高いんでしょう。」
がっかりするドワーフ。
トーエン「足りないものがありますか?」
おばちゃん「そうねー。おおきな丸い鉄鍋があったらいいかな。寸胴鍋もあったらいいかもね。」
トーエン「丸い鉄鍋と大きな寸胴鍋あるか?」
ドワーフ「そうそう支払い方法は?」
トーエン「金貨だな。」
ドワーフは不満そうです。
仕方なく食器や鍋を出してきます。
トーエン「他に何があるとい言うのだ。」
ドワーフ「食料との交換だよ。あと、オートミールはなしだよ。あきるほど食っている。肉 ならば、価値は高いよ。」
トーエン「なんでー。金貨のほうがいいだろー。腐らないし。」
ドワーフ「こんな僻地まで行商くるのはなかなかいなし。運ぶ費用を法外に請求するぼったくりばかりなのだ。金貨では腹はふくれぬ。」
トーエン 「えー食料のほうがよかった?金貨のほうがてっとり早いだろー。」
ドワーフ「牛や豚のほうが嬉しいほうがうれしい。」
レッシュ「オークとか。」
ドワーフ「それは、この前叩き出したばかりだ。いらない。」
チェルシー「ねーねー。この当たりに金龍のおっさんいないかねー。」
ドワーフ「いないよ。」と即答。
チェルシー「怪しい。」
レッシュ「金龍みないのかな。」
ドワーフ「見ないよ。」
レッシュ「オークは?」
ドワーフ「みんなでオークを叩き出したんだよ。」
レッシュ「オークがいたの?」
ドワーフ「違う。最初にいたのは、我らだ。オークにここを乗っ取られたのを取り返しただけだ。」
レッシュ「そのころは、金龍はいなかったの?」
ドワーフ「しらない。見たこともない。」
トーエン「ここを追い出されたオークたちがどうなったかは?」
ドワーフ「知らない。」
レッシュ「オークがここを占領したのは?」
ドワーフ「何年か前の話だがー。」
レッシュ「追い出したのは。」
ドワーフ「半年前かな。」
レッシュ「ってことはーかなりの時間、オーク達がここを占領していたことになる。」
トーエン「オーク達は、金龍に追い出されたと言っているのだがー。」
ぶつぶつと呪文を唱えるレッシュ。
ドワーフは、観察している。礼儀知らずな、ところ構わずなんでもする人間だなという感じである。
レッシュ ドワーフたちは、本物で偽物ではない。嘘をついている感じもしないが辻褄が微妙に合わないと感じている。
トーエン「騙したな。オークどもめ、殲滅してやる〜。」
トーエン とりあえず、鉄鍋と寸胴鍋の買い物をすませることにする。支払いは金貨ですませることにする。
ドワーフからは、牛や豚よりも、生きているならば鶏、加工品の肉の塩漬けの方がまだいいと言われる。
一度撤退することを伝える。
空飛ぶ魔法の絨毯で飛び去る冒険者たち。
トーエン「金龍がいないー。」

|

オーク鬼

街道の杉に話かけるトーエン。
杉の木に尋問していたが、あまりに相手にされなかった。
途中からは道はなくなる。廃墟はあるものの人家は皆無だ。
トーエン「トレントに聞いてだとー。」
チェルシー「山向こうですかねー。」
レッシュ「絨毯で~。」
トーエン「指輪でまっすぐ近道でいけばー。いい。」
6月23日
空飛ぶ絨毯で飛んでいくと廃墟の上空にさしかかる。
廃墟からは煙が幾筋もあがってる。
ドンドコドンドコという音がする。
廃墟の中はオーク鬼でいっぱい。
上空から覗き込む冒険者たち。
どうやら、冒険者たちを拝んでいるような感じがする。
絨毯から飛び降り、廃墟に降り立つトーエン
トーエン「なにかようか?オークどもよ。」
オーク「救世主が現れた。」歓喜の叫びをあげるオーク鬼たち。
かなりの大騒ぎになる。
トーエン「われこそは元素精霊の勇者なり。願いをいえー。」と叫ぶ
喜ぶオーク鬼たち
トーエン「これが死の銀宝珠だー。」
オーク「なんてまがまがしい人間だ。」
トーエン「オークどもよ。われが来たからにはもう安心だ。さー願いをいえー。」
チェルシー「乗りすぎーたきつけすぎだよーまったく。」
喜ぶオーク鬼たち
豚の丸焼きとか準備を始めます。
トーエンの周囲には貢物の果物や野菜が山と詰まれていきます。
かなりの腐敗臭がしています。
トーエン「安心せい貢物なんぞは求めていない。自分らでたべなさい。与は足りておる。」
オーク「貢物を断る勇者はすごい。」
喜ぶオーク鬼たち
トーエン「安心せい奪うものではない。与えるものだ。見よ。この宝珠の邪悪な光よ~。」
喜ぶオーク鬼たち
トーエン「だから~願いは何だ。さっさといえ~。さもないと帰るぞ。」
困るオーク達。
オーク「われ等の王国がドラゴンに襲われてめちゃくちゃになってしまったのだ。どうか。われらをお助けください。」
トーエン「何色のドラゴンだ。」
オーク「金色ですー。」
トーエン「任せておけ~。その王国の場所を教えなさい。」
オーク「この山脈の向こう側ですー。」
トーエン「ざっくりとした地図をかけー。」
だらだらと説明をするオークたち。
オーク「山二つ向こうですー。」
トーエン「どんだけかかる?」
オーク「谷を二つ越えないといけないので、徒歩で六日以上はかかるよ。」
勝利の踊りをはじめるオーク達。
どんちゃかどんちゃか。
と騒がしいです。
周囲には掘っ立て小屋やバラックばかりである。
トーエン 「よき知らせをまっておれ~。」ドラゴンがここまで追ってきていないことを確認すると早々にここを出ようとする。
オーク 「よしもどろー。いくぞー。」テントやパラックを畳み始める
トーエン「ちょいちょい。猫の手はいらない。」
オーク「いくぞー。」
トーエン「いやいや。ここで待っておれ。ついて来たら、命の保障はできん。」
チェルシー「熾烈な戦いになるであろー。」
とりあえず~納得してくれた感じだが、こいつら三日で忘れる。
正直荷物が多すぎるので、オークたちは六日ぐらいではまったく追いつく気配ない。
トロンヘムに行かなければいいぐらいにしか、考えていない冒険者達。
オーク達を放置して、山々を越えて、空飛ぶ魔法の絨毯で進んでいく冒険者たち。

|

山へ

トーエン「忙しいといっても、永遠の時間の中を生きる存在は、考え方が違うシー。」
ほてほてとガルブレイスの門まで後退する冒険者。
トーエン「蛙は二匹は倒した。二匹は逃げた。半魚人は見える範囲は殲滅した。あとはがんばれ~。我等は龍を探しにいってくる。」
レッシュ「蛙の幼虫のたぐいは、まだ危険だなー。とりあえずは、発見できない。」
トーエン「不安だったら、閉鎖だなー。勇者王がいるじゃ~ないか~。」
掘っ建て小屋のゲレオールに会いに行く。
トーエン「蛙は二匹は倒した。二匹は逃げた。半魚人は見える範囲は殲滅した。」
ゲレオール「へーーそうなんだー。蛙人のオタマジャクシが体に入ると蛙に変態するから~気をつけてください。」
チェルシー「蛙人の卵やオタマジャクシは、簡単な邪悪検知魔法で検知、邪悪排除魔法で駆除ができるからよろしく。病気に感染したら、高位の治癒呪文か疾病治癒呪文ね。」
ゲレオール「そんな高位はいないよー。」
トーエン「最悪、腕とか足を切り落とすぐらいの覚悟があればーなんとかなる。」
ゲレオール「腕がなくなるー。」
トーエン「死ぬよりはましだ。」
ゲレオール「むちゃくちゃだ~。」
トーエン「金龍はどこにー。」
ゲレオール「さ~~~。そんなのー知らない。」
レッシュ「龍と戦ったのはどこだよー。」
ゲレオール「ここだ。」
レッシュ「町によく被害がなかったのかー。」
ゲレオール「いやいや。かなり建物が壊れて大変だったよ。」
レッシュ「兵士は何もしなかったのか?」
ゲレオール「逃げまどう民衆、兵士は阿鼻叫喚~。かなり大変だったんだよ。」
レッシュ「トロンヘムの守り神を抹殺したんでしょう。」
ゲレオール「え~~。なにそれ~。そんなこと知らない。」
トーエン「こいつらが~知らなかっただけでー。も~~ドッタンバッタン大騒ぎー。」
レッシュ「杖とか~。おぼえてないか~。」
チェルシー「ありふれた杖だったとか~。」
レッシュ「そうだ~金龍の行方を探してみるのもいいかもしれない。」
チェルシー「エルフの島へ行こうよー。温泉で疲れをいやすか~。」
トーエン「俺ならドワーフの国にいくなー。人間を切り捨てて、一息つくか~。ってなかんじ。かな。」
レッシュ「邪悪なドラゴンもいたよなー。」
トーエン「籠手をなおしてくれ~って言ったような。情報を集めるとか、ドワーフのところに言ってみるか。」
レッシュ「道すがら、エルフのこともきこう。ノームの話もきいてみよう。」
トーエン「じゃ~山の上のドワーフの領地に向かうことにしよう。」
なんだかなーのゲレオール。
トロンヘムから街道にそってほてほて進んでいく。
トーエン「爺さんの格好をした金龍通らなかったかな。」
村民「爺さんはそれなに通るけどー。」
トーエン「あきらかに雰囲気が違うだろー。」
村民「そんなことを言われてもねぇ~。」
街道にてうだうだしていた

|

蠅の王

トーエン「守護するものがないと神殿がいるんだー。悪霊がせめてくるわけだー。」
チェルシー「マイドゥの神殿があればー。いいんじゃ~ないかな。」
レッシュ「ドラゴンを探しに行く方がおもしろい。しかしー穴はあのままだしー。」
トーエン「でてこい~。蛙~。」
反応はない。
半魚人や蛙の死体を食らう烏ばかりが集まってくる。
トーエン 絶叫して威嚇するも反応は皆無だ。
トーエン「ベルゼバブとか~。読んできたら~。なんとかならんか~。」
レッシュ「よってこないよー。無理~。植物に聞いてみるとかー。」
黒いヘルメットを被った黒い服の口のでかいゴリラのような顔のおっさんがやってくる。
目の部分は、複眼のように複雑で大きい。
トーエン「蛙はよびましたけどー。貴方は蛙?」
レッシュ「ちょー邪悪で角が二本もはえてるしー。」
トーエン「ベルゼバブさん?糞山の王ですよね。」
レッシュ「ブビビンマンだ~。巨大な蠅~。」
トーエン「別の世界では美女らしいですよー。」
蠅の王「なんだ~そりゃ~。名前よばれたのでー。きたのだがー。」
トーエン「この界隈に蛙が二匹いるらしいのでー。蛙といえばー蠅なのでーよんでみました。」
蠅の王「蛙なんか~逃げ出してとうにおらんぞー。もうでっていたっぞー。」
トーエン「もうここにはいないの?じゃ~帰ってもらえませんかー。」
レッシュ「半魚人の死体とかもっていってもらえるとー。ありがたいんですよー。」
蠅の王「いらんわー。」
レッシュ「いやいや。部下の食料にもってこいですよ。腐った死体とか~いいですよ。」
トーエン「そういう理由でよんだんですが~まずかったですかね。」
蠅の王「風の王が期待しているからと言っておいてー。という伝言も預かっているんだが~。よろしくと言っておいてほしいということだった。」
トーエン「嵐の王ではなくてー。」
蠅の王「違う~上納金をもっと増やすようにとの命令である。ゆえによろしくと。」
トーエン「パっつあんだな。いや~。上納金を増やすとですね。死に神怒って邪魔しにくるんですよ。」
蠅の王「それはそれ。これはこれだ。」
トーエン「鍋いっぱいのオートミールでも食べていきますかー。」
蠅の王「なんだ~そりゃ~。」
トーエン「何がほしいんですか~。豊作をたたえる舞ですか~。」
蠅の王「時間の無駄じゃ。かえるわー。」
トーエン「そうですか~。メンゾベランザンのいく方法を教えていただければー。ドワウエルフをどかどか送りますよ。と伝えてください。」
蠅の王「・・・・・」
トーエン「送られても困るって感じですね。」
蠅の王「すきじゃ~ないんだなー。他のほうがいいなー。」
トーエン「エルフとかドワーフとか。風の王と蠅の王は好み同じなんですか~。」
蠅の王「違う。違う。」
トーエン「じゃ~風の王がぼりぼり食べるもしれないじゃ~ないですか~。そもそも貴方にあげると言っているわけじゃないですから~。」
蠅の王「使えないものは。使えないんだよー。」
トーエン「貴方がほしいものを尋ねたら、「特にない。」っていったじゃ~ないですかー。だから~伝言してって言ったのに。」
蠅の王「その伝言したくないな。」
仕方なく書状をしたためるトーエン。
蠅の王「面倒くさいのー。」としぶしぶ受け取る。
手渡しをお願いをするトーエン。
蠅の王「そうそう、名を呼ぶと突然これ幸と現れるものがいるから注意することだな。」
トーエン「ドラゴン。ドラゴン。ドラゴン。ドラゴン。現れませんね。」
蠅の王「そりゃ~固有の名前を言わないと~現れるわけじゃ~ない。」
トーエン「嫌いな善龍の名はなんてーいいますかねー。」
蠅の王「そういうずるい問いには答えぬ。」
トーエン「嫌いな善龍を紹介してもらおうとおもいましてねー。」
蠅の王「言動には気をつけたほうがいいぞ。余は,忙しいのだ。」
どたばたといなくなる蠅の王

|

だらだらと

最下層の謁見の間まで進み、実体化する。
本棚に囲まれた朽ち果てた玉座の間は、何も変化がなく以前のままである。
亡霊の出現を待っているトーエン。
そろりそろりと出現する王の亡霊。
王「よっこらしょー。なにかな~。」
トーエン「せっかく亡霊なんですから~。若い容姿になるとか~。あるじゃ~ないですか~。」
王「そんなのー。若い容姿ででてきたら~面白くないだろー。威厳はないしー。そもそもだれだーになるだろー。」
トーエン「縦穴が全部閉じてしまったのですが~。これは元からあったカラクリてすか?」
王「ここを破壊しようとか、ものを盗もうとするよからぬ輩が入ってきたときには、壁が動いて押しつぶすカラクリになっておるのだ。」
トーエン「元に戻るのですか?」
王「すべてが閉じてしまった後にしばらくすると元に戻るようなカラクリになっておる。」
トーエン「便利だな。」
王「通路を巡回している守衛を倒すと壁が動きだすようになっておるのだ。」
トーエン「その守衛に私はどうしたらいいんですか?組合員だとか言えばいいのですか?」
王「よこしまなことをしない限りは、そもそも守衛は出てこない。」
トーエン「こんちわ~とは言っておけばいいと。」
王「今守衛は、白骨戦士かなにかであろー。」
トーエン「え~~~。ゴーレムにすればー強くていいのー。」
王「ゴーレムは、破壊された後の再生が簡単にはいかない。白骨戦士はリサイクルが簡単でいいのだ。」
トーエン「トロンヘムの守護する龍が倒れされて,津波で襲われたのですが、心当たりはありませんか?」
王は答えてくれない。
トーエン「この町は、なんでこんなにと歪なのですか?なぜなのですか?神や神殿を徹底的に排除していますよね。」
王「魔法と執政を行うための町を作った。そして、神や祭壇は、ゲルスの町を作った。わけたのである。」
トーエン「変わりに黄銅龍が住んでいたということか~。」
王「そう。龍がこの町を守っているのだ。」と言い切る。
トーエン「その龍は死にました。」
王「何を言っているのか理解できない。」
トーエン「所詮は残留思念か。もし、その龍が身罷った後はどうしたらいいんですか?」
王「何を言っているのか理解できない。」
トーエン「龍の卵はどこで手に入るのですか?」
王「売っているものではないのでわからぬ。」
トーエン「この町の排水はどうなっているのですか?」
王「そんなものは何もない。」
トーエン「水があふれてきたら、バケツでかき出すとか。そういうこと?」
王「魔法で精霊を召還して、一仕事やってもらえれば、済む話ではないかな。」
トーエン「魔術師全員いなくなったんだが~。」
王「魔法使い全員で行えば、すぐに片付くのだが。」
トーエン「この町を作った人の名前はだれなんてすかね。」
王「それはハロルドである余のことである。」
トーエン「黄銅龍はなぜにこの町をまもってくれることになったのですか?肉がうまいからじゃ~ないですよね。」
王「北の邪悪な一団と魔王を倒すためにがんばれと言われてからの腐れ縁というか。余はがんばったのだ。他にも勇者はいたが、この場所にとどまることはなかったのだ。蛮族は北にもどり、ドワーフやエルフは故郷に戻った。われらは、龍の神託のもとに行動したわけだ。そして、その対価として龍はしばらくは面倒をみて、守護してくれるということになったのだ。」
トーエン「他に龍がいたという記録はありませんか?」
王「中央部のマクドネル山脈には何匹かすんでいるという伝承はあったと思うが。そうそう、人間の姿に身を変えて、町をぷらぷらしている龍の化身は何人かいるようだが。よくわからぬ。それ以外には人里と離れて、世捨て人のようなドワーフまがいの変なやつが山奥に一人いるという話も聞いたな。そいつはかなりは邪悪だったな。」
トーエン「いやいや。邪悪なやつではなくてって、善なる竜のことですよ。」
王「龍は人の世界から出て行っているという話ではなかったかと思う。セレスチャアルとかいう山の頂のさらに上に移住したという話を聞いたことがある。」
トーエン「どこです?」
王「地上の上には,雲の上に島があってさらにその上じゃないかな。」
トーエン「巨人が住んでいるところですよね。」
王「いやいや。ハイエルフの住む島もあるのだ。そこには女神がいるという伝承もある。」
トーエン「さらにその上に龍がいるのですか?」
王「雲の上の領域には、いろいろな奴もいるわけだ。エルフを守るためにいる龍もそれなりにいると思うがね。」
トーエン「そんな役に立たない奴じゃ~なくってー。」
王「だから~そこに出向いて教えを請うとか~。いろいろあるでしょう。」
トーエン「魔法の空飛ぶ絨毯でいけるような高さですかね。」
王「エルフの空飛ぶ島には行けるのではないかな。」
トーエン「その島は、どうやったら見つけることはできるのですか?」
王「空を生業にしている人たちに聞くことが必要であろう。偏屈もののノームが探したほうがいいだろう。」
トーエン「ノームか~。じゃ~じっちゃん。またくるよ。」
と魔法の指輪を使ってもとにもどることにする。
知りえたことを説明するトーエン。

|

謁見

魔術師組合会館の廃墟の大きな水たまりまでほてほてやってくる冒険者。
池の水が盛り上がり、周囲にあふれだしており、周りは水浸しである。
レッシュ「どうやら~。穴が小さくなっているようだ。」
エリー「逃げ場を失った水が吹き出していると。」
レッシュ「前は6mぐらいあったよなー。これは魔法だなー。」
トーエン「穴が閉じると困るよねー。」
レッシュ「解除呪文か?しかし、小さくなる魔法ではないな。」
周囲を見回すとあちらこちらから水が沸きだしている。
冒険者は、空飛ぶ魔法の絨毯で飛び上がり、上空から観察することにする。
縦穴からわらわらと半魚人や蛙がぞろぞろと出てくる。30匹
地上に出てくるといっぷくしている。
その間もどんどん穴の大きさは小さくなっていく。
鈍い音がばきばきとし始めます。
まじまじと凝視するレッシュ。したっぱの半魚人のふりをしている蛙の化け物が一匹いることにきがつく。
トーエン「空飛ぶ魔法の絨毯で突撃してくれ~。俺が剣で突き刺すから~どうか?」
エリー「え~~~。返還呪文でしょう。」
トーエン「召還した奴をなんとか~しないとー。」
レッシュ「わかんねーよー。」
ぶつぶつ呪文を唱えている。
いきなり半魚人一匹いなくなる。
他の半魚人は、錯乱しはじめる。
あたふたしている蛙人間たち。
空の高みからおりてきて、錯乱している半魚人や蛙人間をばっさばっさと切り捨てるトーエン。
チェルシーは空の高みから弓にて援護射撃を行う。
トーエンは歯向かうものたちは投げ切にする。
その様子を真実を見通す眼力で観察するレッシュ。
 地下へと続く縦穴は,水を噴出しつつゆっくりと閉じていく。
そして,最後には完全に閉じてしまう。
そのころには、トーエンは周辺にいる半漁人すべてを切りすすてしまう。
トーエン いきなりアストラル世界に遷移して、地下へと降りていく。
本棚や壁が歯車やら稼動して,通路や穴を塞いだという事実を確認する。
いったん 仲間のところにもどって、状況を説明するトーエン。
チェルシー「初代トロンヘム王に状況を聞いてきてよ。」
トーエン また、すごすごと魔法の指輪を使って、地下へと降りていく。

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »