« 食事 | トップページ | 謁見 »

国破れて山河あり。

6月11日
トーエン「悪い奴がいるならー。倒しにいかないとー。」
レッシュ「え~~。」
トーエン「ゲスの民の応援なんか~なくとも、蛙の化け物ぐらい。俺たちで倒せるさ。」
チェルシー「へ~~~。そうなんだ~。」
トーエン「じゃ~倒しに行こう。」
チェルシー「ま~見に行きましょう。まずは偵察に~。」
トーエン「そうだな~。ガルブレイスの門から~いこう。」
ガルブレイスの掘っ建て小屋まで出向く。
トーエン「俺たちは、無料か?」
ガルブレイス「もう~。すきにして~。」
あきれるガルブレイス。
トーエン「そうだ~。ガルブレイス。君は、魔術師組合長になる気はないか?」
ガルブレイス「ない。」
トーエン「今なら~すぐになれるぞ。構成員は、君一人だ。」
ガルブレイス「うれしくない~。」
トーエン「そこから、大きくしていけば、よいではないか~。」
エリー「マイナスじゃ~ないんだしー。ゼロでもない。1からスタートなんだから~。」
グダグダ話をしているとガルブレイスは、怒りだす。
ガルブレイス「早くいって~。」
ガルブレイスは、立入禁止のなぐり書きの立て札を準備している。
駆け出しの冒険者たちは、ぶつぶつ文句を言い出す。
トーエン「入れてもいいぞー。俺たちが守る。」
チェルシー「え~~~。」
レッシュ「いや~それは~。」
ガルブレイス「巻き添えくらうしー。とっぱちり食らうからいっちゃ~だめだー。」
トーエン「突然空中に出現する巨大なハンマーだけよけてくれれば平気だ。」
駆け出しの冒険者(@_@)
トーエン「しゃがめば大丈夫だ。」
駆け出しの冒険者を必死にとめるガルブレイス。
ずんずん進んでいくトーエンたち。
ガルブレイスの門をくぐり抜けて、旧市街地へと入っていく。
トーエン「どこだ~。赤い蛙~。」
あっと言う間に雑草はえまくりの六月である。
水たまりがちらほらある程度である。
トーエン「国破れて山河あり。」

|

« 食事 | トップページ | 謁見 »

episode-4」カテゴリの記事