« 商品 | トップページ | 横穴 »

指輪

トーエンたちは、城門の入り口付近は、駆け出しの冒険者に任せて、奥へと突き進むことにする。
再び、空飛ぶ魔法の絨毯に乗り込み、城壁を飛び越えて奥へと向かうことにする。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。邪悪防御の呪文らしい。
トーエン 大型の武器はおいて、短剣1本を携えて、水をたたえる縦穴に突入していく
トーエン「口の中がドブのようだ~。」
それは、腐敗しているものが混ざっているので、それは最悪です。
18m ほど降りていく。
ほとんど視界はない。
金属製品がごちゃごちゃと散乱している縦穴の底のようだ。
かたっぱしからかき集めて、袋に放り込み ある程度とたまるとロープを引き上げてもらって、
かき集めたものごとを地上に引き上げてもらう。
ガレキの山とあまりかわらない。
レッシュ「引き上げ業者だな。」
再び、縦穴の底へと降りていくトーエン。
あたりには異臭が漂います。
チェルシー しかなく、聖水でつけおき洗いをしようとするも、一瞬して不浄なる水になってしまう。
無視して、ガラクタを放り込むからまったく綺麗にならない。
縦穴の底のガレキがなくなるまで、往復するトーエン。
そうすると出てくる横穴の入り口。
トーエン 三回往復すると、熱ぽっくなってきたな。体がだるいと感じます。
それは風邪です。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。
トーエンの熱は下がる。
レッシュ「これで~いけるだろー。」
チェルシー「首筋に出来物が~。」
情け容赦なく出来物をナイフで削り取るトーエン。
肉片の下から、蛆虫がでてくる。
レッシュ「体には後何匹か取りついているようだぞ。」
トーエン 血だらけになりつつもナイフで削り取る
しかし、魔法の指輪の効果ですぐに全快する。

|

« 商品 | トップページ | 横穴 »

episode-4」カテゴリの記事