« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

地下へ

ガルブレイス「チョンマゲ結ったゲスフォルゲンとか、髭を生やしたゲスニクトとか~。ひたすら蛙と戦っているやからだがな。」
トーエン「退治方法を教えてくれるとか~。」
ガルブレイス「蛙がいると教えると、血気盛んに襲来するという。混沌の輩~。返し方はしらん。」
チェルシー「え~~~。」
ガルブレイス「それしか、知らん。」
レッシュ「だれかが召還したから~来たんだろー。元凶をなんとかすればー。なるんじゃ~ないかな。心当たりないんですか~。」
トーエン「なんで~混沌の輩が、ことあるごとに軍勢がやってくるんですか?」
ガルブレイス「それは、今まで延々戦ってきたからだ。」
チェルシー「アボレス破滅を夢見るものって?」
トーエン「不死を目指す11人目に命を狙われているとー。」
ガルブレイス「その11人目は、ベクナの舎弟で破門された一人だろー。」
レッシュ「蛙をまずは、退治しないとな。蛙はそこにいる。」
トーエン「蛙を倒せば、トロンヘムの復興が可能になる。そうすれば、籠城もできるようになる。」
レッシュ「蛙を探すのが先決だな。」
ガルブレイス「11人目は、ベクナと同じようなことをしている。ゆえに対立しているのは明らか。ベクナの友人は、対立して当然だろう。」
トーエン「その原因は、守護龍ですよ。」
ガルブレイス「でも、もういない。」
トーエン「奴はどこにー。」
ガルブレイス「そんなのー知らない。」
トーエン「解決策を龍を聞けばいいのだ。ゲレオールに龍の死体の在り処を聞き出してだなー。」
ガルブレイス「津波に飲まれて、何も残っておらんわー。」
レッシュ「死体がないとなにもでいん。」
トーエン「骨とかあればー。」
ガルブレイス「旧市街地は、ガレキの山。龍の死体は忽然消滅したという噂だぞ。」
レッシュ「蛙の捜索をつづけよう。」
トーエン「そうそう、前々から言おうと思っていた。俺は勇者じゃない。ふつーのチンピラとかごろつきに近い。だから~勝手な期待はするな。」
ガルブレイス「ふむ。ダンジョンの入るとか言って、入り口まで行って、いきなり引き返すなんてー、そうはーいない。」
トーエン「そうそう、気が変わったんですよ。中身を知っている人を思いだしたんですよ。中の地図を描いてもらって、それから行こうかなと。」
ガルブレイス げらげら笑い始める。「そんなのー思いださなくていいよー。」
トーエン「石版とか磨いていたでしょー。」
ガルブレイス「ずるいやつだー。」
トーエン「当然描けるでしょう。」
ガルブレイス「描けるが~。図書館だから~罠はないよ。」
トーエン「蛙を倒してこいよー。ってこと。宝もないのにー。この地図に蛙のマークがないじゃないか。」
ガルブレイス「そんなのー知らないよ。」
トーエン「石版しかないのですか。」
ガルブレイス「図書館以外には、解説する王の残留思念がいるぐらいかな。最初のぼろぼろの玉座がある。」
トーエン「どんだけー教えてくれるの?」
ガルブレイス「口伝でだらだらと説明するだけだ。」
レッシュ「いろいろとヒントがもらえるかもしれない。」
トーエン「甲冑をつくろう。全身革スーツをつくろう。」
レッシュ「できるのかー。」
さんざん議論するけどー結論がいまいちである。
トーエン「ガルブレイスさん。魔術師でがんばるつもりありますか?謝礼ははずむよー。」
ガルブレイス「臭いのはいや~。」
トーエン「汚水がたまっている縦穴に電撃をがんがん打ち込んでほしいのだが。」
レッシュ「楽な仕事です。」
トーエン「一発やってみて、蛆がうようよ浮いてくるようならば、さらに何発かやってほしい。効果がなければ、その次はなしであきらめる。一つはいくらかな。」
ガルブレイス「とりあえず金貨30枚でいいよ。」
レッシュ「よろしくお願いします。」
トーエン「なんでーこんなにアニサキスもどきにこんなに苦しまないといけないのだー。まったくー。」
旧市街地に入っていく冒険者とガルブレイス。
手筈どおりに縦穴の汚水めがけて、電撃を飛ばすことになる。
ガルブレイス「そんなに深くにまで効果があったのかはよくわからん。」
白いものがプカプカ浮いてくる。
トーエン 片腕をいきなり汚水に突っ込みぱちゃぱちゃしてみる。
レッシュ「最下層は、また別なのかもしれない。」
仕方なく、縦穴の水面の下へと下へとおりていくが、何もいなかったようだ。
しばらくするとトーエンは、水面下からあがってくる。
トーエン「真っ暗だし~。何もなかっただがー。探索は、俺よりチェルシーのほうが適任だろーに。」
チェルシー「こんなに体をはっているんですから~。いかないとー。」
言われて、率先して水に飛び込むチェルシー。
その後に続いて、再度トーエンも飛び込んでいく。
汚れた水で満たされた縦穴の最下層までおりていく。
視界はそれほどないものの、蛆のようなものを発見することはなかった。
チェルシー「とりあえずは、大丈夫そうです。」
それを確認するとトーエン いきなり浮上して、水面に顔をだす。
トーエン「じゃ~行こうか。行かないですむと思っていたのか。」
しぶしぶ同行すると答える。
トーエン「ガルブレイスはどうする。水中で息できる装備はあるのか?」
ガルブレイス「無理だ~。」
その場で図面を書き上げてくれる。

|

ギスの民は使用できない。

ギスの民の設定すべては、オープンゲーミングライセンスの外になる関係で今後のリプレイ

およびプレイを考慮し、似て非なる設定を導入します。

|

天敵

もどって説明する。
トーエン「横穴が地下牢だ。ー。」
チェルシー「うーむ。典型的な魔法使いの塔の地下だなー。」
レッシュ「水をなんとかしないとー。みんなでいけないなー。」
レッシュ トーエンの皮膚にすくう蛆虫を一匹切除する。
トーエン「塔の地下に地下牢があるっておかしくないか?塔を守る為の地下牢なり迷宮であるわけで、そこにわざわざいかないといけないというのはおかしい。」
レッシュ「良識で考えるとそいうこともかもしれん。」
チェルシー「そこって倉庫とか図書館とか。」
トーエン「禁止書目録があるとか。」
一旦、後退して、ガルブレイスのもとへ。
トーエン「そうそう、今までのやり方は、とても痛い。傷が癒える魔法の指輪があるけどー。痛いことには変わらない。」
ガルブレイス「その通り~。今まで気がつかなかったことのほうがおかしいー。」
トーエン「でも、宝はほしい~。」
ガルブレイス「なんだかなー。単なる鈍感な極悪人ではなかったということが~。それともまだ鈍感なせこいだけの男なのか?」
チェルシー「もう辞めようか~。」
トーエン ガルブレイスに現在の魔術師ギルドの廃墟で一番重要なものを聞き出す。
ガルブレイス「それは地下の図書館にある魔法の知識がまとめられた書物だ。」
トーエン 縦穴最下層の模様をだらだらと説明する。
ガルブレイス「最下層すべてが図書館だよ。」
トーエン「入ると書架がびっちりあるとか~。」
ガルブレイス「巻物とか紙じゃない。全部石版だよ。持ち出すと落盤するから無理だよ。」
チェルシー「劣化はしないか~。」
トーエン「何が書かれているんですか?」
ガルブレイス「魔法と百科事典が書かれているのだ。」
トーエン「大事なものかもしれませんが~。換金できる代物でありませんね。いらないねー。」
チェルシー「国王は、とりあえずゲレオール人民王だしー。」
ガルブレイス「資金は、もってないなー。うーむ。」
茶をすするガルブレイス
トーエン「これからどうする。」
ガルブレイス「え~。つおい怪物を全部退治していってくれよぉー。」」
トーエン「怪奇カエル人間が、後3匹いるなー。仲間というかカエル人間をどんどん増やす厄介な奴だな。」
ガルブレイス「なんとか~してくれよ~。」
トーエン「あいつ強いですよ。噛まれたらうつるし~。とってもキケンです。」
ガルブレイス「なんとか~してくれよ~。それとも助っ人よぶ?」
トーエン「助っ人?」
ガルブレイス「天敵とか。」
レッシュ「天敵?蛇とか鰐とか。」

|

横穴

水面の色がかわるぐらいに蛆虫が増えているようだ。
トーエン「湖面に虫がうようよいるー。」
ランタンの油を水面にぶちまけて、己の腕を湖面につっこみばしゃばしゃやる。
トーエン「あつまってこい。」
レッシュ 火をつけても、トーエンの腕に何匹か食いつくだけでまったく状況を打開するわけではない。
水面の上にひろがる油がもえるだけで水中には何も影響がない。
トーエン「網ですくおう。」
レッシュ「そんな網なんか~ないよー。」
ごにょごにょ相談しているトーエンたち。
臭いし疲れたので撤退することにする冒険者。
沐浴をしつつ、汚れと匂いを落としつつうまい食事をとりつつ作戦をねる。
日は変わって、翌日となり
再び、魔術師組合会館跡地の縦穴に周辺に進む冒険者トーエンたち
棒切れを集める
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。
棒切れが蛇となり、次から次へと湖面に消えていく。
しばらくするもあまり状況はかわらない。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。
棒切れが蛇となり次から次へと湖面に消えていく。
64匹の蛇が入っていくが1時間後 あまり状況はかわらない。
レッシュ 装備を脱ぎ、縦穴へと降りていく。
ぶつぶつ呪文を唱えている。
水中に光り輝く文字が二回発する
周りにいた蛆虫は、ことごとくかき消えていく。
レッシュ 浮き上がってくる。
レッシュ「浄化はうまくいったようだな。」
縦穴の底のガレキがなくなるまで、往復するトーエン。。
トーエン 三回往復すると、熱ぽっくなってきたな。体がだるいと感じます。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。
チェルシー「ふくらはぎと首筋に出来物が~。」
情け容赦なく出来物をナイフで削り取るトーエン。
肉片の下から、蛆虫がでてくる。
二匹ほど発見するも、その後は見当たらない。
縦穴には蛆虫はいなくなったが、横穴の奥にはまだいるようだ。

|

指輪

トーエンたちは、城門の入り口付近は、駆け出しの冒険者に任せて、奥へと突き進むことにする。
再び、空飛ぶ魔法の絨毯に乗り込み、城壁を飛び越えて奥へと向かうことにする。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。邪悪防御の呪文らしい。
トーエン 大型の武器はおいて、短剣1本を携えて、水をたたえる縦穴に突入していく
トーエン「口の中がドブのようだ~。」
それは、腐敗しているものが混ざっているので、それは最悪です。
18m ほど降りていく。
ほとんど視界はない。
金属製品がごちゃごちゃと散乱している縦穴の底のようだ。
かたっぱしからかき集めて、袋に放り込み ある程度とたまるとロープを引き上げてもらって、
かき集めたものごとを地上に引き上げてもらう。
ガレキの山とあまりかわらない。
レッシュ「引き上げ業者だな。」
再び、縦穴の底へと降りていくトーエン。
あたりには異臭が漂います。
チェルシー しかなく、聖水でつけおき洗いをしようとするも、一瞬して不浄なる水になってしまう。
無視して、ガラクタを放り込むからまったく綺麗にならない。
縦穴の底のガレキがなくなるまで、往復するトーエン。
そうすると出てくる横穴の入り口。
トーエン 三回往復すると、熱ぽっくなってきたな。体がだるいと感じます。
それは風邪です。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。
トーエンの熱は下がる。
レッシュ「これで~いけるだろー。」
チェルシー「首筋に出来物が~。」
情け容赦なく出来物をナイフで削り取るトーエン。
肉片の下から、蛆虫がでてくる。
レッシュ「体には後何匹か取りついているようだぞ。」
トーエン 血だらけになりつつもナイフで削り取る
しかし、魔法の指輪の効果ですぐに全快する。

|

商品

静かになった時点で、旧魔術師組合会館の縦穴に光の呪文をかけた石ころを放り込むも汚水がひどいのであッという間に見えなくなる。
トーエン「若者がいるんだしー。人海戦術で水をかきだしたら~なんとかなるんじゃ~ないかな。」
背後では、駆け出しの冒険者たちは、グリーンスライムを排除したしたから、金貨とか拾って喜んでいる。
チェルシー「もっといっぱいあるよー。」
トーエン「トロンヘムの町を奪回するんだー。」
と勢いよく叫ぶが、若者にはまったく響かないのであーる。
駆け出しの冒険者は、そう言われてポカーンとしている。
若者「めんどくせなー。」
トーエン「貴方たちは、いったい何しにきたの?」
若者「入場料払ってきたんだけどー。」
レッシュ「入場料?」
チェルシー「だれから~。」
若者「『ここに宝物があるかもしれない がんばれ冒険者。』って看板がでていてさー。入場料金貨5枚を払ってここに入ってきたのだ。入場する為にしょぼくれた魔法使いに金払ってきたのだ。」
「そうだ。そうだ。」という声があがる。
レッシュ トーエン のこのこと入り口の城門までもどってみると
テントとなぐり書きの看板がある。「来れ!冒険者」と書いてある。
のんびりお茶をしているガルブレイスが一人いる。
レッシュ 背後からいきなり平手打ちをする。
レッシュ「何をしているんだー。」
ガルブレイス「生きるって大変なんだよー。」
レッシュ「火事場泥棒に許可を与えない。おかしいよー。」
ガルブレイス「働いているだろー。いいじゃ~ないか~。」
トーエン「今のまんまだと。魔法の品物がとられてしまうけどー。いいのー。」
ガルブレイス「そりゃ~しょうがないんじゃ~ないのー。油揚げぶら下げないとー。人もこないよー。」
トーエン「たしかにー。未来に向けて、地下迷宮にしてしまうのもーいいかもしれない。」
ガルブレイス「冒険者から税金を集めて還元しているのだ。それなりの利益がないとーやっていけないのだ。」
レッシュ「人がやってくることはいいことではないか~。」
ガルブレイス「旅人がやってくる。それは~消費者である。消費は美徳である。」
トーエンたちがガルブレイスと話し込んでいると
その隣には、ホットドックやパンを販売する屋台ができています。
肉の焼くいい香りがしてきます。
チェルシー「滅んだトロンヘムを探索するパックツアー商品の販売とかはじめた方がいいのではー。」

|

ぐるぐる

上空の空飛ぶ魔法の絨毯の上で話し込む冒険者たち
トーエン「知性が皆無。」
チェルシー「植物?」
トーエン「武器はおいて、両手に松明だな。」
レッシュ「ゆっくり燃えるか。この秘薬で~。」
トーエン「それはとっておけー。俺に紐を結わえてくれ~。その端はおまえがもて~。」
レッシュ「いや~ぬかるんでるぐらいなら~。足場を確保したら~降り立つって燃やしながら~進んでいいんじゃないかー。」
城門の入り口から道を作るように松明で燃やしながら、道を作るトーエン。
紐の端をつかみ、上空からのなにかあったら、紐を引き上げるように待機しているレッシュ。
空飛ぶ魔法の絨毯を操るチェルシー。
少しづつ作業をしていると、水の塊が飛来して、トーエンの付近に落ちて水しぶきをあげる。
その数は、目暗うちで適当に飛んでくる感じある。
水の弾丸を避ける為に、一体その作業を辞めることにする。
トーエンの体を絨毯の真下にしばりつけ、肉の楯として、旧魔術師組合会館の近く60fぐらいまで挑戦することにする。
水の投擲は、近づけば、それなりに正確になってくる。
肉の楯に水しぶきをあげる。
トーエンの体はずぶ濡れになる。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱えている。
汚水のたまった旧魔術師組合会館の縦穴にいきなり渦巻きができる。なにかぐるぐる回っている
レッシュの呪文の効果である。
結界呪文を発動させて、上下にいろいろと動かしている。
水の弾丸は飛んでこなくなる。
水中の悲鳴があったとしても何も聞こえてこない。
チェルシー「目標沈黙。」
レッシュ「迎撃終了。」
チェルシー「一旦撤収ですなー。」
トーエンは宙づりのままである。
再び、トーエンは松明を掲げて、グリーンスライムの焼却除去作業をつづける。
時間をかけて、とりあえず足場を確保してから、三人でなんとか除去作業をつづけることにする。
チェルシー「なんとか~応援をたのめないかねー。」
レッシュ「ガルブレイスに?」
トーエン「うーーん。あと、汚水の浄化はできないのかねー。」
レッシュ「呪文だとー無理だな。」
トーエン「ならばー。大地の精霊におでましねがってだなー。水路を作ってもらって汚水を流そう。」
チェルシー「え~~。」
チェルシー 指輪を取り出しなにやらすると、周囲の大地が盛り上がり、人の形をなす。
かたには、緑色の粘液がべったり張りついている。
チェルシー 大地の精霊に懇願する。
精霊「ここ低いから、水路を作っても水は逆流するから意味はないのではないか?」
トーエン「近くにもっと深い穴を作って、そこに水を逃がすしかないのでは。」
精霊「大きな穴の水が多すぎるので、それがうまくいくはわからぬ。津波によって海側の堤防や城壁が消失している。ゆえに海側の水はひかない。」
レッシュ「まずは、トロンヘムの奪回を優先して、精霊には帰ってもらって、入り口から掃討作戦ですな。」
精霊「なんだ~そりゃ~。」
レッシュ「綺麗にすれば、応援もたのめるだろー。」
とりあえず、四人がかりで、足場を確保して、野営地ぐらいの土地を綺麗に確保できたぐらいに後ろから若い駆け出しの冒険者がぞろぞろと入り口から入ってくる。
トーエン「なかなかいい度胸だな。」
チェルシー「松明で焼き払ってくれればー。前にすすめる。」
と言われて、手に手に松明をもって、焼き進む駆け出しの若者たち。
二十人の若者がぞろぞろとやってくる。

|

出発

冒険者たちは、ゲレオールと被災民を残して、再び城壁の中へと進むべく。
冒険者たちは、空とぶ魔法の絨毯に乗って、城壁を飛び越えようとする。
彼らには、昨日とはまったく違う風景が見える。
ぬかるんでいた地面はまったくの明るい緑色のぬらぬらするものが覆っているような状態である。
粘液が覆っているようにも見える。
ふつーにグリーンスライムである。
レッシュ「藻が大量に繫殖したわけじゃ~なくて。」
トーエン「ややこしいな~。」
チェルシー「先ほどまであった半漁人の腕が煙を上げてもうなくなっている。」
レッシュ「火をつけた松明を投げ込んでみるか?」
いきなり松明を投げつけれる。
その松明の炎は周りを燃やすが、水分が多いのか燃え広がっていくわけではない。
生えていたはずの樹木がどんどん減っていくような感じです。
トーエン「魔術師組合会館の地下書庫ぐらいはなんとかしないとねー。」
その場所は、水をたたえている大きな縦穴がある。
空飛ぶ魔法の絨毯で城壁を飛び越えてすすみ、いきなり取り出した樽から綺麗な水(たぶん浄化したはずの聖水)を500リットルほど緑色のぬらぬらしたものに投入する。
ドボドボドボ~。
何も変化はない。
幕間
「魔法都市が一夜にして壊滅したようだ。」
「水没したという話もある。」
「半魚人が闊歩しているとか~。」
「魑魅魍魎が跋扈しているとか~。」
「こんな美味しい話、駆け出しの冒険者がいかんでーどうする。」
「さ~出発だ~。」

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »