« 祈祷師 | トップページ | 解散 »

大僧正

大僧正 しぶい顔をしている。
ドワーフのギルベルトは、大僧正を凝視している。
大僧正「吾輩が持って逃げたのだが~。我は殺され、何者かに奪われてしまった。」
ギルベルトは落胆している。
チェルシー「死んでいる間のことはわからんか~。」
トーエン「ここでドワーフ達を働かせて、何をつくっていたの?」
祈祷師「それは、上等な武具だね。高く売れるやつだよ。」
トーエン「いくつかできたの?」
祈祷師「できてはいるが。」
トーエン「よかったな。冒険者。」
大僧正 しぶい顔をしている。
ガラゴット にやにやしている。
トーエン「なんで~あなたはこんなところでうだうだしているの?」
祈祷師「それは~首領がわがままだからだ~。」
レッシュ「いうことを聞きたくないから、行かなかったと~。」
祈祷師「ま~そういうことでー。」
ギルネリ 凝視している。
トーエン「面白いから、こいつそのまま連れて行こう。」
祈祷師「勘弁してくれ~。」
トーエン「じゃ~ここで死ぬ?」
祈祷師「金貨10ギルわたすから~見逃して~。」
トーエン「つらぬき丸が言っている悪即斬と。使い道を思いついた。連れていこう。」
祈祷師を縛り上げて、秘密の小部屋にいきなり放り込む。
酷使されていたドワーフたちの状況を確認する。
トーエン「奴隷解放だ。さーここに入るんだ。」
楯の中の魔法の小部屋に放り込む。
チェルシー「拘束した祈祷師が逃げないように監視しておいてー。」
トーエン「さーて次だ。大僧正安全に通る方法を教えてくれ~。」
大僧正は、通る順路と屈んで進むように伝える。
先に進んでいくという大僧正 
あとからついていくことにするトーエンたち。
人間たちは中腰になって進んでいく。
しんがりレッシュが担うが、最後にいきなり石像のハンマーが降り押される。
ドワーフには寸止めの位置で停止するのだが、どんくさいレッシュにはドンと当たるが大したことはない。
そのまま無視して進むことになる。

|

« 祈祷師 | トップページ | 解散 »

episode-4」カテゴリの記事