« 毒ガス | トップページ | 焼き肉 »

前衛

明後日の方角に電撃が走っていく
老人たちが何事かごそごそやっている。
髑髏に攻撃をしかける老人達
冒険者は、飛び交う目玉や髑髏に攻撃をしかけるがうまくいかない。
レッシュは、ぶつぶつ呪文を唱える。
トーエンは、魔法の指輪を使って、壁をぬけて走っていく。
老人達も前に出てくる。
旋回する巨大なハンマーは、髑髏や目玉にまったく効果があがらない。
そそくさと逃げようとする敵が二人。
建物の奥の回廊をすたすたと逃げ行く敵二人
レッシュは、ぶつぶつ呪文を唱える。
髑髏が、カーテンの奥に戻っていく。
目玉は一対は、そのまま浮遊している。
目玉は、なにがしかの魔法的な攻撃をしかけくる。
突然、周囲の音がまったくしなくなる。
敵の沈黙の呪文が床に行使されたようだ。
さらにカーテンの裾から漆黒のコールタールのようなものが流れ出てあふれてくる。
うでうでと広がってくる。
残り敵二人はずりずりと後退していく。
チェルシーは、撃てるだけ、弓で射るが、致命傷にはなっていない。

壁抜けしたトーエンは、回廊をひたすら走って行った敵二名に襲い掛かる。
トーエン 同時にラリアートをかます。

吹き飛ぶ敵が二人。
剥げているほうは、昏倒する。
剥げていないほうは、突然消え去る。
魔法自動発動 帰還呪文が起動される
一人取り残された剥げた男は、ジタバタしている。

目玉に凝視されるレッシュ。
突然倒れるレッシュ。
顔色は真っ青ですが、とりあえずなんとか生きている。
さらに周囲は、漆黒の帳が下りてくる。
慌てて、建物の外まで逃走するレッシュ。

はげた男は、体勢を建て直し、ロッドで殴り掛かろうとする。
トーエン 押し倒して、のしかかり一方的に殴る

レッシュ 神殿の外からぶつぶつ呪文を唱える。
神殿のなかが明るくなり、漆黒の呪文は解除される。

神殿の中は、タールの中に人の形が、二体盛り上がっている。
神殿の中は、まだ静かである。
チェルシーは、笏杖を取り出す。念じるといきなり祭壇付近で火球が爆発。
タールの人形は、いきなり消し飛ぶ。
タールは、よく燃えている。
レッシュ 神殿の外からぶつぶつ呪文を唱える。
タールは、カーテンの奥へとデロデロと引き下がっていく。
チェルシー 目玉をがんがん矢で打つ。
老人は前衛となる。

|

« 毒ガス | トップページ | 焼き肉 »

episode-4」カテゴリの記事