« 戦う理由 | トップページ | 前衛 »

毒ガス

トーエン「ちょっとそこのドラゴンさん。」
カクカク動く龍
ブシューと口から蒸気を吐き出している。
動きはゆっくりである。
トーエン「張りぼてだ~。」
黄色のガスが口からもれてくる。
チェルシー「毒ガスだ~。」
逃げる冒険者。
虫がはらはらと落ちていく。
動きの遅い青龍もどきとわかると豹変する冒険者達。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
旋回するハンマーが出現して、青龍にぶちあたる。
がんがんあたるも、まったく効果があたらない
レッシュ「鋼鉄の塊じゃ~。」
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
レッシュ「きえされ~。」
いきなり崩れ落ちる青龍は、動きが止まり鉄の塊にしかすぎない。
鉄の塊を検分してみるも、乗用の入り口はない。
トーエン「命って魔法の言葉でかかれているぞ。探すんだー。」
レッシュ「首筋になんか~書かれるぞい。」
トーエン「消せばーもう動かない。」
レッシュ ごしごしー。と文字を削り取る。
レッシュと秘密の打ち合わせ ごにょごにょ
トーエン「老人達~。敵はつよそうなのでー。無理ですー。」
老人「がんばれ~。そこをなんとかするのが人間というものだー。」
老人「人間には、まだ可能性がある。」
老人「そうだー。そうだー。」
トーエン「そうだ~戦う必要はないんだしー。扉だけ閉めればいいんだしー。」
龍の真後ろの建物にぞろぞろと入っていく冒険者達。

柱が林立している先には、人間が4人待ち構えている。
祭壇には、大きな髑髏がおかれており、背後には黒いカーテンによってその先は隠されています。
冒険者が奥へとすすんでくると、髑髏の瞳は光、いきなり髑髏は浮遊して、冒険者にむかって進んできます。
眼球は飛び出て、空中を浮遊し別々に襲来します。
レッシュ「跳ね返しの護符!」
敵の一人が急に胸を押さえて、倒れ込んだ。(即死)

|

« 戦う理由 | トップページ | 前衛 »

episode-4」カテゴリの記事