« カサカサ | トップページ | 老人 »

怒り

老人「なんで、お前がここにおるのじゃー。そもそもゲルスや北方におるべきではないかー。」
と恫喝される頭のうえに草を載せた御仁。
カサカサ「長老は残るといわれてー。」
老人「それがおかしいとゆーとるのだ。」
トーエン「なし崩しで報酬を払わないように話をそらしていませんか?」
チェルシー「龍退治の報酬ですよ。」
老人「前金で4500ギルは払ったよね。500はケチつけられて、上乗せしたぶんだった。」
老人「成功報酬は前金の倍は、はらわんとー。」
カサカサ「仕事は、大したことはしていないのではー。」
レッシュ「まてまてーい。」
トーエン「船の運航を邪魔する龍を退治しろといわれて、退治したしーさらには死の石まで破壊してきた。評価が低いのはなっとくいかぬ。」
老人「やはり8000じゃな。」
一袋わたされる。かなり重たい袋である。
カサカサ言っている人間は、初見であり、今までとはまったくの別人の老人である。
トーエン「カサカサの長老は元気なのか?」
カサカサ「長老だけは、まったく連絡がつかない。」
トーエン「それってしんでいるのでは?」
カサカサ「それは早すぎる判断だな。接触ないでけで、その判断はできない。」
トーエン「ゲルス壊滅の原因は?」
老人「ドロウの計画が絡んでいるとみておる。」
トーエン「破滅を夢見る者が絡んできたようなのだが.....」
老人「まーほれ、似たようなヤツが暗躍しているのでよくわからん。やつらは奴らでだましたり、足の引っ張り合いをしておる。さらに騙された天使もまぎれておるようじゃ。」
トーエン「あいつら、よく騙されますしねー。」
老人「逃げてきたカサカサの話によると.....北の廃墟の一角に、死の石を持ってきた連中の回廊がまあ、存在しておるようだ。」
カサカサ「そうじゃー5000ギルだすから、そこのトビラを閉めてきてくれ。前金で2500だそう。」
トーエン「たぶんなんですけどー。絶対、閉じるだけ仕事はおわりませんよね。わかっていて言ってますよね。」
カサカサの目が泳いでいます。
トーエン「信頼関係のない依頼主の仕事はできない。完全に何かをかくしているものー。今回とて死の石の存在も隠蔽していただろー。
大爆笑する一堂。
トーエン「今回も隠しているだろう。先に言え!先に~。」
老人「ドロウは、君たちに来てほしいと思っているんじゃーないかーってね。君たちはいいように使われないでね。としか、われらとていえぬのだよ。」
トーエン「それでは、いかぬのが、最良の判断。」
老人「それでは、門は開いたままなので、諸悪の根源の援軍がやってくる状態はかわらない。」
トーエン「どこと、繋がっているのか?当然、ご存知ですよね。」
老人「それは君たちは知っているし。見たこともある。相手の怒りも買っている。それとは別にアサーラックの一派も怒らせてしまっておるしな。」

|

« カサカサ | トップページ | 老人 »

episode-4」カテゴリの記事