« わかれ | トップページ | はずれ »

ハンマー

チェルシー「では~元にもどりますか~。」
空飛ぶ魔法の絨毯で飛ぶことにする冒険者達。
眼下に森をみるぐらいの高みを飛んで行く。
昼過ぎに、北上するゴーゴンの一団を発見する。
ゴーゴンの上にトカゲ人が乗り、指図しアタフタと北に向かっているような感じです。
ゴーゴンは二匹。周囲には、従者きトカゲ人が伴走しています。
何人は、すでに脱落しているようです。
上空の空飛ぶ魔法の絨毯から
トーエン「とまれ~。」と叫ぶ。
その声を聞いて、止まる一団。
指さしているトカゲ人。
トーエン「風の精霊を召還して、この場所を風上にしてください。ってだれか~やってくれ~。」
男爵「好き放題なことをいう冒険者達。」
トーエン「もらった指輪でさ~。」
下では、首がそんな起用にまがるわけではないゴーゴン。
アタフタしているトカゲ人達。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
旋回する巨大ハンマーが出現、殴り飛ばされるトカゲ人。
一人だけ逃げおうせるトカゲ人
ハンマーをゴーゴン二匹に連続強打。
追いかける空飛ぶ魔法の絨毯。
しばらくすると高度を落としていく。
トーエン「エリー後よろしく~。」
エリー 絶句
降りて止まる
トーエン飛び下りて、すたすたと追いかける。
ハンマーは、旋回して、ゴーゴンは二匹を連続強打している。
逃げるトカゲ男はから、光の粒が飛んでくる。爆発火球が膨れ上がる。
直撃しているのに、こげないトーエン。
さらに怒濤の吹雪がおそいかかる
トーエン「残念だな冷凍防御の魔法の指輪もあるんだな~。」
直撃しているのに、凍結しないトーエン。
その先には、蠍男達がうろうろしている。
ハンマーは、旋回して、ゴーゴンは二匹を連続強打している。
トカゲ男はすでにミンチとなり、周囲には肉片が飛び散っている。
ゴーゴンは二匹も粉みじんに粉砕されてしまう。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
蠍男達がうろうろしているところに旋回するハンマーが出現する。
びっくり仰天するトカゲ男、蠍男達。
チェルシー 矢は、明後日の方向に飛んで行く。
トーエン 近くまで前進。
チェルシー 矢があたる。
トカゲ男 ブスリと刺さる。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。周囲が静かになる。
そそくさと逃げ出すトカゲ男達、蠍男達
巻き上がる土煙
ゴーゴン二匹の死体から、光がほとばしる。
慌ててもどって、パーツを掘り起こし、ハンマーを完成する。

|

« わかれ | トップページ | はずれ »

episode-4」カテゴリの記事