« 追跡 | トップページ | 悲痛 »

悲鳴

トーエン 夜通し、魔法の絨毯をあやつり
海峡の洋上を強行突破していく。
幽霊船を追いかけていく。
4/5の朝となる。

陸地のそばに停泊している幽霊船を確認する。
ぼろぼろの桟橋、陸地には人のいない集落を確認する。
空飛ぶ魔法の絨毯でふらふらと上陸する冒険者達

集落の先には、それなりの高さの塔が建っている。
トーエン「やばいかも~。」
レッシュ「ポイポイカプセル?」
チェルシー「探索しますー。」
岸辺がひたすら濡れていることがわかる。
その濡れているところを追いかけていくトーエン。
空飛ぶ魔法の絨毯を放置して、トーエンは、駆けていく。
絨毯を畳んで、追いかけていくレッシュ。
ぶよぶよに膨れ上がったものが、その先にはごろごろと転がっている。
レッシュが近づくといきなり爆発して、肉片をばらまく水死体。
トーエン「きったねぇ~。」
レッシュ「上陸してきた動く死体は、水分たっぷりでバランスが悪くて、ちょっとしたことで転んでしまう。転んでしまうと膨れ上がった身体が邪魔をして、立ち上がることもままならないということですかねー。」
トーエン「動く死体は、ここいらにごろごろしているけどー。」
レッシュ「白骨戦士は、先を急いでもう通りすぎてしまったようです。
先を急ぐ冒険者達は、すたこらさっさと集落の中へと入っていく。
集落の中からは、悲鳴らしきものが聞こえる。
トーエン「まて~ぃ。」
レッシュが近づくと、何かが崩れ落ちる音がするだけー。
それでもやっぱり悲鳴はする。

|

« 追跡 | トップページ | 悲痛 »

episode-4」カテゴリの記事