« かかし | トップページ | 男爵 »

戦利品

いきなり チェルシー 弓で射る。はずれる。
トーエン「なんでー。動きもしないそこいらに突き刺さっているかぼちゃ頭になんでー。あたらんー。」
チェルシー 仕方なく二回目 弓で射る。
かぼちゃ頭 プスと頭に刺さる。
かぼちゃ頭 目がいきなり三角になる。
周囲から棒切れが集まり、いきなり腕になる。
トーエン「さっきから久しぶりーって言っているやないかー。」
かぼちゃ頭「まったくー情け容赦ないやつらーだなー。まったくー。」
トーエン「ほーら~しゃべれるじゃ~ないかー。」
チェルシー「いい的があっもんでーついー。」
かぼちゃ頭は、瓦礫のしたから下半身をだそうと必死にもがいている。
トーエン「じゃ~ハンマーをかえせー。」
かぼちゃ「いやだーよー。」
トーエン「ハンマーがもっていること自分でばらしたなー。」
さらにかぼちゃ頭の目がつり上がる。
かぼちゃ頭の右手に握られている灰色の立方体を高らかに頭上に掲げてぶつぶつ呪文を唱える。
いきなり周囲に散乱している瓦礫や肉片が集まり始める。
トーエン「戦かうしかないかー。」
かぼちゃ頭 思ったほど材料が集まらないので、抜けない足をあきらめて、切断して集まった部品の足にすげかえて、そそくさと逃げようとする。
追いかける冒険者達
チェルシー 弓で射る。弓矢がドスドス当たる。
倒れるかぼちゃ頭の案山子
瓦礫の中に埋もれていくかぼちゃ頭
やばいと思ったレッシュ
ぶつぶつ呪文を唱える。
しかし、しくじったようだ

足もとの瓦礫の山が人のかたちがそのまま起き上がる
胸の中央にはかぼちゃがうまっている。
チェルシー「ここは、かぼちゃ畑か~。」
やばいと思ったレッシュ
ぶつぶつ呪文を唱える。

その人の形は、かぼちゃを含めて瓦解して崩れおちていく。
単なる瓦礫の山となってしまう。
灰色の立方体はヒビが入る。
のこのこと瓦礫に群がる冒険者達。
砕けた立方体を検分しているレッシュの目の前に大きな金属片が出現する。
レッシュは光輝く棒きれを手に入れた。

|

« かかし | トップページ | 男爵 »

episode-4」カテゴリの記事