« 悲鳴 | トップページ | ハンマー »

悲痛

シャカシャカシャカシャカと異音がする。
集落をうろうろする冒険者達。
蠍男が生きている女性をむしゃむしゃ食べていたりする。
蠍男に襲いかかる冒険者達
蛸殴りする。

生き残った村人はわずかだ。
女子供が4人ぐらい 会話はなんとかできそうだ。
トーエン「男たちはどうした?」
生き残った村人「村を守ると言ってでていったきり、帰ってはこない。」
無言のままの子供たちは、冒険者達をちら見するぐらいで何も話はしない。
生存者は、おどおどしている。
トーエン「男たちは、塔に向かったのか?岸辺に向かったのか?」
生存者「塔に向かった。」
トーエン「岸辺とか、幽霊船には向かわなかったのか?」
生存者「あんな幽霊船がきたことすら知らなかった。」
レッシュ「いきなり襲われたとか?」
生存者「夜になると、蠍男達がうろうろするようになった。」
レッシュ「ぞのぐらい前から?」
生存者「二週間位前から、小競り合いはあったにはあった。」
レッシュ「逃げなかったのですか?」
生存者「援軍をつれてくるという男もいたしー。男がだれもいなくなるということはだれも考えてもいなかった。」
レッシュ「大きな衝突があったのは、昨晩なんですか?」
生存者「小競り合いは、長く続いている。」
レッシュ「逃げなかったのですか?」
生存者「他にいくところがないですからー。」
男爵 悲痛な表情。

|

« 悲鳴 | トップページ | ハンマー »

episode-4」カテゴリの記事