« 肉斬り包丁 | トップページ | 絶句 »

黒い石塊

いくつも悪徳業者から、トーエンに触手がのびてくる。
悪徳業者は、姿は、半透明のゼラチンのような外観になりぐずぐずになって崩れ落ちる。
うねうねと動いている。
悪徳業者7人の姿は、大きなスライムのような外観になってしまう。
悪徳業者3人は、鱗をかかえてさっさと撤退していく。
トーエン 籠手を外して、さっさとしまい込む
チェルシー「炎の錫杖~。ものみな焼き尽くす浄化の炎、破壊の主にして再生の徴よ、我が手に宿りて敵を喰らえ。」
ドッカーーン と爆発
トーエンにかするように、紅蓮の炎が燃え上がる。
元悪徳業者だったものが燃えている。

南瓜頭「うるさいなー。さっさと~船にのって~。」
うなだれ、ゆっくり歩いている元駆け出しの冒険者の方々
足どりは重く、停泊している船に乗り込んでいく。

トーエン 姿を消す。
チェルシー「炎の錫杖~。ものみな焼き尽くす浄化の炎、破壊の主にして再生の徴よ、我が手に宿りて敵を喰らえ。」
ドッカーーン と爆発
紅蓮の炎が燃え上がる。
元悪徳業者だったものが燃えている。
うねうねしている。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
うねうねと後退していく元悪徳業者だったもの。
チェルシー 弓でいかける。元悪徳業者にドスドス当たる
スライムのような外観のものが一体。干上がってシワシワになって消えてしまう。
チェルシーは、やっと一体を葬った。
元悪徳業者にドスドス当たる
スライムのような外観のものが一体。干上がってシワシワになって消えてしまう。
チェルシーは、さらに一体を葬った。

岩山の上に現れるトーエン。
冒険者達には、船は、岸を離れて進んでいくのが見えます。
冒険者の足元から、もくもくと霧が吹き出してくる。
ドライアイスのように流れ出てくるガス。がすは、岩山の岩肌を流れ落ちるように流れていく

トーエン「洞窟の中がガスが充満したということかな。男爵打つ手がありません。
男爵「撤退かな。」
トーエン「とりあえず~ここにはお金がないことだけがわかりました。」
男爵「お金はあるだろう。取りにいけばいいだけではないか。」
トーエン「どうやって。」
男爵「貴公のほうができるではないのか?先ほどから、突然消えたり,違うところに現れたりと怪しげな技を使う。」
チェルシー「洞窟の中には、ガーディアンが隠れているので、容易にはいきません。」
トーエン「できなくはないですけどー。」
アマンダ「すごーい。」パチパチパチ。パチパチパチ。
女性執事「さすがです。」「がんばってください。」
トーエン「まったくやる気が沸いてこないのですよ。」
男爵「では~仕方がなく撤退するしかないか。」
トーエン「厚い皮袋のたぐいはありませんか?」
皮の水筒をもらって、ささっと消え去る。
黒装束のローブに顔は白骨というモノが短剣をもって襲い掛かってくる。
トーエン 剣を抜いてガンガン打ちつける。
霧散していく黒装束
黒い石塊227kgがどっかり鎮座している。
トーエン「もってきた袋には入らないな。」
いきなり実体化して、いきなり黒い石塊に接触して、アストラル界に石塊を遷移させて引きずりこんでしまう。

|

« 肉斬り包丁 | トップページ | 絶句 »

episode-4」カテゴリの記事