« 悪徳業者 | トップページ | 黒い石塊 »

肉斬り包丁

トーエン「戦利品の横取りは、なしだぜー。ただでさえ~。巣穴ではないのにー。」
悪徳業者「またまた、面倒くさいのてできたな。」
トーエン「龍を倒した奴のことをお忘れでは?」
ぶつぶつと呪文を唱える悪徳業者が10人。
レッシュもぶつぶつと呪文を唱えは始める。
立ち上る青龍の死体。
トーエン「ドラゴンゾンビになると価値がさがるじゃ~ないかー。」
青竜の周辺は音がしなくなる。
立ち上がる動く死体。
突然、動き出すも沈黙の効果で連携がいまひとつということで、転げ落ちる悪徳業者が三人。
鱗を抱えたまま転げ落ちる。
七人は動く死体にしがみついている。
トーエンは、その動く死体の乗っている。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。
声鳴き悲鳴が、あちらこちらからしている。
崩れ落ち、飛び散る肉の塊。
巨体ゆえに崩れ落ちるがまだまだ時間がかかるようです。
肉片をふみつけ、塵になっても音はしなく
対峙する悪徳業者とトーエン。
レッシュ「早く退治して、鱗をゲットだ。」
トーエン、レッシュを取り囲む悪徳業者が7人。
チェルシーほかは、岩山の上から見ている。

そんなこと何ぞは、まったくのお構いなしで、仕事をしているかぼちゃ頭の案山子。
ぞろぞろと集まって列をなしている動く死体達。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える。

悪徳業者は、にやにやしている。
トーエンめがけて肉斬り包丁を投げてくる。
ぎりぎりで避けるトーエン。
肉斬り包丁は、のびてきた触手に変化する。
悪徳業者は、姿は、半透明のゼラチンのような外観になりぐずぐずになって崩れ落ちる。
うねうねと動いている。
トーエン のびきった触手をたった斬る。
ぽとりと落ちる触手の切れ端。
うねうねしている触手は、動きがしばらくする止まり、干上がってしまう。

|

« 悪徳業者 | トップページ | 黒い石塊 »

episode-4」カテゴリの記事