« 精霊 | トップページ | 光あれ »

ハンマー

トーエン「依頼人がいないじゃ~ん。」
レッシュ「隠れて監視しているだけなのでは?依頼人が拉致されていくとか。」
トーエン「ちょっと目の赤いおにいちゃんに話を聞くとしようか。目が赤いのは夜更かししたから~。」
レッシュ「寝る必要もありませんから~。なんてきりかえされたり、なんかしちゃったりして~。」
川沿いを進んでいく冒険者達
広場には、オベリスクが二本たっている。
ぼろくずを纏ったエルフ七人がこちら向いてをぶつぶつ言っている。
白目を向き、よだれを垂らしている。
開いた口からは灰色のガスのようなものを吹き出している。
レッシュ「呪われたエルフか?どうやら~生気が吹き出している。」
トーエン「雇ってくれそうな人にはとても思えん。報酬は期待できないなー。」
チェルシー「ほんとーにエルフなのかい!」
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える
エルフ 一人だけいきなり崩れ落ちる。正気にもどる
エルフ「この庭園は呪われてるー。」
と言って倒れる。
チェルシー「見てれば~わかりますってー。」
どんどん窶れて、しなびていくエルフ達
*顔色はよくなるが、餓死衰弱のたぐいは、魔法では完治は無理である。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える
エルフは、顔色はよくなるが、それ以上は改善しないようだ。
レッシュ「栄養価の高いものはなんか~ないのかー。」
残りのエルフ達は、ぞろぞろと建物の中へと入っていく。
ここでは介抱する場所もベッドもないので、いきなり魔法の楯の秘密の小部屋へエルフを一人放り込む。
レッシュ「少量の水を与えて、死なないようにしておいてー。」
建物に入るとエルフ達は、倒れてしまう。
さらに急激に衣服が劣化し、ぼろぼろになっていく。
エルフ達は、急激に干からびていく。
建物中では、霞のような手がいくつもいくつものびてうねうねしている。
*アニメ「エルフェンリート」のベクター みたいなものである。
冒険者達は、あわてて駆け寄り、建物から引きずりだす。
エルフ達は、身動きすらしない。無理やり引きずりだされたので、ひきずられた箇所は裂傷が走る。
レッシュ「あの手は命を吸い取る手のようにも見える。」
霧の手はうごめいているが、建物からでてくることはない。
レッシュ「建物を破壊すればー、日光で排除できないかな。」
トーエン「どんより曇っているしー。日光が期待できるのかな。」
なんて、話をしているとー。
上流からさらに18人、さきほどと似たようなエルフ達が、わらわらとやってきます。
チェルシー「エルフの森じゃ~ない~。」
レッシュ「なら~あの建物を破壊する。」
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える
空中に出現する巨大な回転するハンマー
ハンマーは、半球形の建物の壁面を叩き壊す。

|

« 精霊 | トップページ | 光あれ »

episode-4」カテゴリの記事