« 俯瞰 | トップページ | ゆがみ »

不満

トーエン「エルフたちの集落っていったいどこなんだー。」
チェルシー「見える範囲にそんなものないですね。」
レッシュ「ドライアードに追いかけられてね。どうしたもんかなー。」
トーエン「失敗した万国博覧会の展示建物会場だなー。」
レッシュ「まったくだー。廃墟だったりー。」
トーエン「助けにきてやったのにー。出迎えとかないっていったいどういうこった。( ̄へ  ̄ 凸」
チェルシー「第一村人発見するまでー探索しますねかねー。」
トーエン「目の前の一番大きな六角形の巨大な建物をとりあえず行ってみよう。」
建物に近づけば、近づくほどに高度落ちていく魔法の絨毯。
チェルシー「あれれ~。」
ゆるゆると屋根に落ちていく。
鳥の羽のように軽くなるブーツに履き替えて、ゆっくり落ちていくつもりが、いつもの倍早く落ちていく冒険者達。
慌てて魔法の絨毯を楯の中へとしまい込むトーエン。
しかなく屋根に降り立つ冒険者達。
レッシュ ぶつぶつ呪文を唱える
魔法検知の呪文だったわけだが、効果時間は、とても短くなってしまう。
レッシュ「魔法があちらこちらにかかっているし、結界の中にいるみたいな感じだ。」
チェルシー「ブーツがぼろぼろになっていくー。」
慌ててブーツを脱ぐ冒険者達。
靴下で屋根の上にたつと見る劣化し、変色していく靴下。
どんどんぼろぼろになっていきます。
チェルシー「屋根から下りたほうが懸命だ。」
あたふたしながら、屋根降りていく。
魔法のブーツはまったく機能していない。
レッシュ 着地失敗、転げ落ちる
レッシュ「ひねってしまった~。」
行動判定 -1のペナルティが発生。
ふつーあるはずの草地がまったくなく枯れている。
周囲には、小動物の干からびた死体がちらほら散在している。
チェルシー 建物周囲を検分して、入り口を探す。
冒険者達の靴はいるだけでどんどんぼろぼろになっていく。
トーエン「生気がどんどん吸い取られていく感じだな。」
チェルシー「この六角形の建物には入り口はないなー。」

|

« 俯瞰 | トップページ | ゆがみ »

episode-4」カテゴリの記事