« 誰も見捨てない | トップページ | アイテム »

残務処理

レッシュ「馬が美味そう~。」
兵士「肉~焼き肉だ~。」
老人「それはあかんて~。熟成していない肉焼いたからといってたべちゃ~あかん。」
とりあえず 燃え盛る炎をみている一行 230名
トーエンは、いきなり姿を消してしまう。
トーエンの目には、一人ローブの女性がすたすたと逃げ出すのが見える。
トーエン 魔法の短剣をとりあえず取り出してぶつぶつと呟く。
女性目掛けて飛んで行く短剣
トーエンは、短剣とベルトを紐で結んでおり、魔法の重量軽減ブーツの効果もあって、短剣につられて飛んで行く。
ざっくり刺さる短剣
女性 おどろき倒れる。
魔法の長剣を取り出そうとすると、手をすべらし剣は飛んで行く。
そんな光景は他には誰も見えない。
トーエン 倒れた女性を掴み、がんがん一方的に殴る。
レッシュ ぶつぶつと呪文を唱える。必死に辺りを見回す。見付けることはできない。
トーエン 倒れた女性を掴み、がんがん一方的に殴る。
幽体の女性は霧散してしまう。
* マラクラは、アビスに転送扱いとする。
暫くすると、トーエンは姿を現す。
9月2日
休憩して、うだうだしている。
レッシュ ぶつぶつと呪文を唱える
トーエン「剣を探さない~とー。」
レッシュ「ダウジングするからーちょっとまってー。」
トーエン 姿を消して、暫くすると長剣をもって戻ってくる。
再び、ぞろぞろと難民は歩き始める。
暫くすると見たことのあるエルフが一頭立ての荷馬車で樽を運んでいる奴に出くわします。
ゲルミア 固まって、しまいます。
荷馬車には、樽を数本積んでいます
レッシュ「見えざる力よ。束縛せよ!」
荷馬車から転げ落ちるゲルミア。
ゲルミアは、動くことができない。
トーエン「我等は、荷馬車と馬を手に入れた~。」
難民「のせてくれよ~。」という声があちらこちらする。

|

« 誰も見捨てない | トップページ | アイテム »

episode-3」カテゴリの記事