« 敵か味方か | トップページ | 布教 »

神託

カルシアス「それは、交渉次第だな。」
ヴァラン  「例えば、その方の禍々しい籠手を一つくれるとか~。」
カルシアス「全部ばらして、解析するのが目的なんだが~。」
ヴァラン  「我等の目標は、公表している。神よりもエルフやドワーフやら~その手の眷属よりも人間を。人間本位の行動だよ。」
カルシアス「わが主を神々の高みに押し上げること。」
ヴァラン  「今の神々どもを押し退けて、わが主を神の御座に押し上げること。そして、まったく違う世界にすること。」
トーエン  「そんなに~簡単にはいかんでしょう。」
*ルールブックの版数があがる度に神のランクが変更になっている。
カルシアス「なんなら~魔方陣を消しにいくかい?」
トーエン  「そこまで分かっていて~何もしなかったんだ~。」
ヴァラン  「冒険者がやってくるという神託があったもんでねー。」
カルシアス「我等は、待つことにしたのだよ。」
トーエン  「それは誰の?」
カルシアス「わが主のご託宣だよ。」
ヴァラン  「我等の主の声が聞こえるのだよ。」
レッシュ  「そんなことばかりしているとー他の神が怒って戦いになるのでは?」
カルシアス「異教徒との戦いは、それはあちらこちらで起こっている。」
ヴァラン  「それは当然のこと。」
カルシアス「それゆえに、信者をもっと増やさないといけないのだ。」
レッシュ  「信者が動く死体でいいんですか。」
カルシアス「あんまり問題にはならぬ。」
レッシュ  「私がそういうところにいくと問題ですよね。塵になってしまいますから~。」
ヴァラン  「それはそうだが。崩れ落ちるのは最下層の下っ端だけだ。」
カルシアス「それはあまりうれしくはないな。」
ヴァラン  「邪印があれば、貴殿の後光ぐらい軽減できるがね。」
トーエン  「そちらの神の神託によると『冒険者がやってくるのでーその者達に任せればよい』ということ?好きにさせてしまえとー。」
カルシアス「そうそう。」
チェルシー「とりあえず~マラクラをなんとかしにいかないとー。」
レッシュ  「行くのか、待つのか、魔方陣を消すのか?」
トーエン  「それよりも~マラクラはなぜここにいるの?死んだはずではー。」
チェルシー「マラクラの意志を継ぐ、誰かなのかもしれない。」
カルシアス「そういうことは、あっちの教団に行って聞いてほしいなー。」
ヴァラン  「神託で教えを請えということかな。」
トーエン  「それがいいですね。」
カルシアス「質問しても~我等の頭の中に響くだけだから~な~。」
ヴァラン  「横からサックリーとやるなよー。」
チェルシー「それは思いつかなかった。」
トーエン  「ええ~~~違うのー」
カルシアス「ひどいー奴だ~。」
ヴァラン「ここまでいろいろと支援をしてきたのにー。」
二人は香をたき、長々と詠唱を始める。
二人は向き合い、手をつなぎ上を向き、ぶつぶつと呟く。
カルシアス「神託はあった。三つの塔のうち二つの塔がいきなり真っ二つとなり崩れ落ちました。」
エリー       (;^_^A
カルシアス「被害は甚大で、大勢が死んだようです。異世界の扉が開いて、二人を呼び戻したようです。」
トーエン  「迷惑~。」
カルシアス「あちらの教団の破滅を夢見る僧侶が大勢祈って、扉を開いたとか~。」
レッシュ  「生きているのはー第二卿だけだから~。」
トーエン  「そんなに簡単に戻ってくることができるのですが~。」
カルシアス「高位呪文が使えれば材料があれば~なんとかなるのではないかな。」
ヴァラン  「半分腐っていたようだが~。」
カルシアス「それはそれで大変だが~。」
トーエン  「復活したのにー腐っている?」
カルシアス「奈落の侯爵の一人が計画失敗のペナルティーを課したのであろー。」
チェルシー「見せしめとか~。」
トーエン  「主は、いろいろと物知りなんですねー。」
カルシアス「君たちも信仰したほうがいいぞ。特典もいろいろあるしー。」
ヴァラン  「永遠の命もあるぞー。」

|

« 敵か味方か | トップページ | 布教 »

episode-3」カテゴリの記事