« 火炎攻撃 | トップページ | 去年AD&D1stが再版になった »

煽動

レッシュは、追い掛けて逃げた魔法使いふんじばり、ぼこぼこにして、縛りあげて猿轡をはめて待っています。
ほてほてとやってくるトーエン。
トーエンは、楯の秘密の小部屋に匿っていた巡礼者に出るように諭します。
70人ぐらいぞろぞろと出てくる。
チェルシー「とっととこの場から立ち去ってください。」
トーエンも叫ぶが、作業の喧騒にかき消されてしまう。
さらに大音響で「時間が残り少ない。床を直そう。槌と釘と板で直そう。善行は、神の国への通行証となる。 」という声がして、他の信者達と同じようにいそいそと作業をはじめる。
トーエン「だめだ~こりゃ~。助ける気がうせてきたー。」
男       ニヤニヤ( ̄ー ̄)
巡礼者は、ひたすら広場の床の修繕に没頭していてまったく聞く耳をもたない。
トーエン「エリーどうする?」
エリー「こっちでーぬくぬくしてるー。」
トーエン「なんかどうでもよくなってきた。」
一人すたすたと広場の奥にあるオベリスクお背後に立つ。
トーエン「これで~終わりだ~。」
と奈落の籠手でガンガンと床を叩く。
ゴーーーーと地響きとともに大きくゆれる。
大地鳴動
轟音 地鳴り 次に来るのは、はげしい横揺れ
大きく衝撃が走る。
大きな石柱には巻かれている大きな鎖が幾重にのびて、落下をくい止める。
広場の補修作業をしている巡礼者が裂け目の次から次へとおちていく。
巡礼者の悲鳴が響きわたる。
トーエン「(;^_^A やっちまったなー。」
地下の悪魔は、蟹挟みの豪腕を思いっきり両手を突き出せば10メートルを越える。
その長い両手を使って、壁に突きたてておちずにふんばっている。
悪魔は落下はしないが、周囲のガレキはわらわらと地割れに呑み込まれていく。
グラブレズゥ「魂の脱け殻を一つ確保した。ニヤニヤ( ̄ー ̄)」
バーチを担いでうろうろしているトーエン。
トーエン「クランツをたきつけて、巡礼者をここから出すんだ。」
レッシュ「え~俺がいくのかよ。」
信者の間をぬっていくトーエン。

|

« 火炎攻撃 | トップページ | 去年AD&D1stが再版になった »

episode-2」カテゴリの記事